Apple Musicの使い勝手は年末までに良くなる? 改善ポイントはどこ?

使いやすくなるのでしょうか。

Apple Music


7月に始まった定額制の音楽サービス『Apple Music』ですが、使い勝手やバグなどさまざまな問題を抱えていると言われています。

iTunes担当の責任者が新聞社のインタビューに答えたところによると、Apple Musicには2015年末までに完了したい課題があり、修正と改善に取り組んでいるそうです。

どんな部分が改善されるのでしょうか。

プレイリストを改善?

現在、Apple Musicの開発チームはプレイリストに関する機能に取り組んでいるようです。プレイリストの作成・共有・編集が改善されるのでしょうか。

さらに新しい機能の追加、Apple Musicのなかで他とは異なる部分の排除も進めているとしています。使いづらいデザインにも言及していることから、挙動や操作方法が異なる部分、扱いづらい部分が改善されるのかもしれません。

2015-0701_AppleMusic - 04
150701_appleforyou - 7


iCloudミュージックライブラリの不具合で曲が削除される・曲名などが誤った情報に書き換えられてしまう問題も改善されるものと思われます。

具体的な内容・時期は不明ですが、Appleが改善に向けて動いていることは確かです。今後のアップデートに期待しましょう。

参考

Apple Music team working on fixes, improvements through end of 2015, says iTunes VP – AppleInsider

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!