Apple Watchの医療アプリ「AirStrip」は病院に行く手間を減らすかも

Apple Watchの医療アプリ「AirStrip」は医療のあり方を変えるかも。

2015-09-09apple24


(画像:Apple

Apple Watchの医療アプリ「AirStrip」が発表されました。医者と患者両方に関係のあるアプリです。

Apple Watchの心拍測定機能を使って、患者の健康状態を医者がチェックしたり、医療現場では患者さんの診察状況を整理したりできます。

一般人としては病院に行かなくても健康状態をチェックしてもらえるのはありがたいですね。

Apple発表会まとめはこちら → 【完全版】iPhone 6s/6s Plus・iPad Pro・Apple TVまとめ

患者の状態を手首で確認

まずは患者の診察状況のチェック機能。看護婦はデジタルクラウンを回してスケジュールをチェックできます。

2015-09-09apple12


(画像:Apple

また、スケジュールと一緒にApple Watchを付けた患者の心拍データもわかります。患者に何が起こっているかを手首で見られるのです。

2015-09-09apple15


(画像:Apple

複数のデータを一括で見られるそうです。

2015-09-09apple17


(画像:Apple

胎児の心音も聞ける

それは胎児の心音を母親が聞ける機能も実演されました。

2015-09-09apple23


(画像:Apple

ドクン、ドクン、、、こんなことが時計型装置でできるなんてスゴいですね。

2015-09-09apple24


(画像:Apple

ヘルスケアガジェットがついに医療現場で使われる?

今までユーザーの健康を自分でチェックするためにつかっていたヘルスケアガジェットたち。

今後は、医者とのコミュニケーションの仕方を変えるかもしれません。

健康状態が悪くなりきる前に、近くの病院の地図と一緒に通知してくれたりするんですかね?楽しみです。

iPhone 6s/6s Plusのアクセサリ情報はこちら

新型iPhoneのアクセサリ情報は下の画像から↓

2015-0910_iPhone6s - 1


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!