【新旧比較】iPhone 6s・iPad mini 4はバッテリーの持ちが良くなったのか

1回の充電で動く時間は長くなったのでしょうか。

iPhone 6s


(画像:Apple

新しいiPhone・iPad miniで気になるのが「バッテリーの持ち」。性能が良くても、バッテリーの持ちが悪ければ台無しです。

そこでこのページでは、iPhone 6s・iPhone 6s Plus・iPad mini 4と旧モデルのバッテリー稼働時間を比べてみます。

Apple発表会まとめはこちら→ 【完全版】iPhone 6s/6s Plus・iPad Pro・Apple TVまとめ

iPhone 6sとiPhone 6s Plus

Appleが発表しているデータをもとにiPhone 6sとiPhone 6、iPhone 6s PlusとiPhone 6 Plusのバッテリー稼働時間をまとめました。

以下の表はiPhone 6sとiPhone 6を比べたものです。

iPhone 6s iPhone 6
連続通話時間 3Gで最大14時間
連続待受時間 最大10日間
インターネット利用 3Gで最大10時間
4G LTEで最大10時間
Wi-Fiで最大11時間
HDビデオ再生 最大11時間
ビデオ再生 最大11時間
オーディオ再生 最大50時間

以下の表はiPhone 6s PlusとiPhone 6 Plusを比べたものです。

iPhone 6s Plus iPhone 6 Plus
連続通話時間 3Gで最大24時間
連続待受時間 最大16日間
インターネット利用 3Gで最大12時間
4G LTEで最大12時間
Wi-Fiで最大12時間
HDビデオ再生 最大14時間
ビデオ再生 最大14時間
オーディオ再生 最大80時間

バッテリーの持ちに変化なし?

ほぼすべての項目で稼働時間が同じでした。つまり、iPhone 6s/6s PlusではiPhone 6/6 Plusからバッテリーの持ちは変わっていないことになります。

ちなみに、重量はiPhone 6sで14グラム、iPhone 6s Plusで20グラム増えています。

充電


気になるのはiPhone 6s/6s Plusの「HDビデオ再生」と、iPhone 6/6 Plusの「ビデオ再生」の違いです。なぜAppleは区別しているのでしょうか。

「HD」は高解像度を意味するので、iPhone 6s/6s Plusでは高解像度ビデオ、iPhone 6/6 Plusでは低解像度ビデオでテストが行われたのかもしれません。Appleがどんな基準で「HD」という言葉を用いているかは不明です。

そして低解像度のものに比べ、高解像度ビデオは再生する際に消費電力が大きくなりがち。このことから、iPhone 6s/6s Plusではビデオ処理を担う部分の省エネ化が進んだ可能性が考えられます。

もしかするとiPhone 6s/6s PlusでHDではないビデオを再生する際は、iPhone 6/6 Plusよりもバッテリーの持ちが良いかもしれません。

iPad mini 4とiPad mini 2/3

Appleが発表しているデータをもとに、iPad mini 4とiPad mini 2/3のバッテリー稼働時間をまとめました。

iPad mini 4


(画像:Apple

iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini 2
Wi-Fiでのインターネット 最大10時間
3G・LTE回線でのインターネット 最大9時間

いずれのiPad miniもバッテリーの持ちは同じでした。しかし、iPad mini 4はこれまでで最も薄く、軽いiPad miniです(初代iPad mini含む)。

iPad mini 4は本体の厚さや重さを減らしながらバッテリーの持ちは保たれているので、処理能力はもちろん、持ち運び・使いやすさでも最強のiPad miniでしょう。

参考

iPhone 6s/6s Plusのアクセサリ情報はこちら

新型iPhoneのアクセサリ情報は下の画像から↓

2015-0910_iPhone6s - 1


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!