iPhoneに悪質アプリをAirDropで無断インストールされる恐れ、対策は?

2つの対策があります。

AirDrop


ロックを解除することなく、iPhone・iPadに悪質なアプリを無断でインストールできる弱点が見つかりました。対象はiOS 7からiOS 8.4.1です。

写真などをワイヤレスにやりとりできる、『AirDrop』というiOSの機能が悪用される恐れがあります。

悪質なアプリがインストールされる手口と対策をご紹介します。

悪質アプリをインストールする手口

悪質なアプリをインストールしようとする人物は、まずターゲットとなるiPhoneのロック画面からコントロールセンターを開いてAirDropをオンにします。データを受け取る対象を「すべての人」に変えます。

そして、ほかのデバイスからAirDropで悪質なアプリをターゲットに送ります。するとターゲットとなるiPhoneが受信するので、再起動します。ここまでロック解除は必要ありません。

再起動したiPhoneには悪質なアプリが自動的にインストールされ、標準アプリの乗っ取りも可能です。

もしiPhoneの所有者がいないあいだにインストールされてしまうと、iPhoneが勝手に再起動していること以外に不審な点はないので、被害に気づかない恐れがあります。

対策

対策その1:iOS 9にアップデートする

iOS 9にアップデートすることで、この弱点が悪用されることを防げるようです。
【iOS 9まとめ】新機能追加でさらに使いやすくなったiOS 9の使い方

iOS 9


対策その2:AirDropとコントロールセンターの設定変更

AirDrop
AirDropを使わないときは機能をオフにしましょう。ホーム画面などで、画面下端を上に引っ張り上げます。


【AirDrop】をタップし、【オフ】を選びましょう。

AirDrop
AirDrop


使うときは【連絡先のみ】を選ぶようにしましょう。自分にデータを送れる人を連絡先に登録している人に限定できるので、被害に遭う可能性が減ります。

さらに、ロック画面からコントロールセンターを開けないようにしましょう。これでiPhoneのロックを解除せずにAirDropをオンにすることができなくなります。

設定アプリの【コントロールセンター】を開き、「ロック画面でのアクセス」をオフにしてください。

コントロールセンター


iPhone・iPadを放置しないようにすることも大切です。これらの対策を施して、iPhone・iPadの守りを固めましょう。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!