iPhone 6sは熱くなりやすい? 警告が出たらケースを取り外して放熱を

iPhoneの温度に注意しましょう。

2015-09-25iphone6s2 - 1


一部のiPhone 6sで本体が熱くなり、カメラのフラッシュが一時的に使えなくなる問題が起きている、とウェブサイト『BGR』が報じています。

iPhoneは温度が高くなると部品を保護するために一部の機能を制限しますが、今回の事例ではiPhoneを酷使していないにも関わらず、熱を持ったそうです。

くわしく見ていきましょう。

原因は不明

現時点で原因は分かっていません。考えられるのはiPhoneで何らかの処理が行われていたか、iPhone 6sの部品に不具合が起きていた可能性です。

iPhoneを直射日光の下や、暑い室内・車内に放置したことが原因かもしれません。

iPhoneが極端に発熱していると警告メッセージが表示され、部品を保護するために一部の機能が一時的に制限されます。

  • バッテリーの充電が停止する
  • ディスプレイが暗くなる・何も表示されなくなる
  • 3G/LTE回線を使った通信が低電力モードに切り替わる
  • カメラのフラッシュが使えなくなる

対処法

警告が表示されたら、iPhoneの電源をオフにしましょう。iPhone 6sでは向かって右側面にある電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」をスライドします。

電源オフ


そのあとはiPhoneを涼しい場所に置き、冷めるまで待ちましょう。装着しているケースを取り外しておくと、iPhoneから熱が逃げやすくなります。

何度も警告が出る場合は、iPhoneの部品が故障している恐れがあります。Appleのサポートセンターに問い合わせてみましょう。

iPhone – お問い合わせ – Apple サポート

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!