iPhone 6s PlusのWi-Fi速度を旧モデルと比較! 底力を引き出す条件とは?

どれくらい速くなるのでしょうか。

150925_iphoneapp_vr2 - 08


iPhone 6s PlusとiPhone 6 PlusでWi-Fiを使い、データをダウンロードするときの最大速度を比べた動画をウェブサイト『iClarified』が公開しました。

Appleの発表によると、iPhone 6s/6s Plusの最大速度は866Mbps。1秒間に約108MBのデータをダウンロードできることになりますが、これは理論上の数値です。

実際の条件では、どれくらいの速度になるのでしょうか。

実験の条件

iClarifiedによると、以下の条件で実験が行われました。

  • 実験に使ったのはiPhone 6s PlusとiPhone 6 Plus
  • どちらもiOS 9.0.2で1度復元済み
  • テストは別々に実施(動画では同時進行)
  • Wi-Fiルーターは『AirMac Extreme』2013年モデル
  • 5GHzの周波数帯のみを使用するモードを設定
  • ほかのWi-Fi機器は未接続

実験動画

実験の模様は、iClarifiedが公開した動画でご覧いただけます。

実験の結果

iClarifiedが実施した実験では、10MB・50MB・100MBのデータをダウンロードする速度を計測しています。その結果を以下の表にまとめました。

iPhone 6s Plus iPhone 6 Plus
10MB 326.7Mbps 253.5Mbps
50MB 422.5Mbps 309.6Mbps
100MB 412.7Mbps 309.3Mbps
平均速度 387.3Mbps 約209.8Mbps

結果によると、iPhone 6s PlusはiPhone 6 Plusのおよそ1.3〜1.4倍の速度です。

大きな差はないように思えますが、iPhone 6s Plusは毎秒およそ48.4MB、iPhone 6 Plusは毎秒およそ26.2MBのデータをダウンロードできることになります。

iPhone 6sのWi-Fiを最大限生かすには?

少なくとも以下の条件を満たすWi-Fiルーター・無線LAN機器を導入しましょう。

  • 802.11ac対応
  • 802.11ac利用時の通信速度が最大866Mbps以上
  • 有線LANポートが1000BASE対応

802.11acに対応しているだけでなく、最大通信速度が866Mbps以上であることを必ず確認してください。「802.11ac」といっても、種類によっては速度が異なるためです。
iPhone 5Sも対応? 新しい無線LANの規格「802.11ac」とは。

これらの条件を満たしたとしても、必ず866Mbpsで通信できるわけではありません。これは規格で定められた計算上の数値だからです。

iClarifiedの実験で出た速度も、必ず出るわけではありません。電波や機器の状況によって、Wi-Fiの通信速度は大きく変化します。ご注意ください。

参考

iPhone 6s vs iPhone 6: Wi-Fi Speed Test [Video] – iClarified

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!