旅行に使える! Google Mapsの観光スポット混雑情報

人気のスポットはいつでも混んでいる、そう思っていませんか。

Google Maps


(© Google Inc. 以下同じ)

今回のアップデートで『Google Maps』は、観光スポットが混雑する時間帯を表示するようになりました。

混雑の傾向を1時間ごとにグラフ化。日曜日から土曜日まで、曜日ごとにグラフをチェックできます。元となるデータはGoogle Mapsユーザーの訪問履歴です。

さっそく使い方をご紹介いたします。

※ 観光スポットに限らず、レストランなどでも混雑する時間帯を確認できます。(11:07 追記)

観光スポットを検索

Google Maps
Google Mapsで観光スポットを検索し、画面下のタブをタップしましょう。


Google Maps
営業時間の下に混雑する時間帯が表示されます。左右にスライドすれば、曜日を切り替えられます。

このグラフから、火曜日の二条城は営業開始直後のほか、13時台も比較的空いていることが分かります。


美術館や博物館など、人が集中しやすいスポットで情報が提供されているようです。

Google Maps
Google Maps


旅行の計画を立てるときには参考になる情報だと思います。ただ、祝祭日や年末年始などでは、Google Mapsのパターンとは異なる混みになる可能性もあります。

すべての観光スポットで確認できる情報ではありませんが、旅行に出かけた際、あるいは出かける前にぜひ一度チェックしてみてください。

Google Maps ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 47.4 MB
・バージョン: 4.13.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!