寒さはiPhoneの大敵! バッテリーの持ちに悪影響

iPhoneに最適な室温は何℃でしょうか?

20150925_iPhonenews6_n - 1


寒くなってきて、iPhoneのバッテリーの持ちがなんとなく悪くなってきた。そんな風に感じている方はいませんか?

その原因の1つかもしれないのが、気温や室温です。実は人間同様、iPhoneにとっても最適な気温・室温があります。

最適な温度は0〜35℃

iPhoneを使う際の最適な気温・室温は0〜35℃です。たとえば氷点下の部屋でiPhoneを使うと、バッテリーの性能が一時的に低くなることがあります。

この場合の対処法は、iPhoneを0〜35℃の環境で使うこと。バッテリーの温度が最適な範囲に戻れば、バッテリーの性能も通常に戻ります。

暖房器具に注意

一方で35℃よりも暑い場合、iPhoneのバッテリーに回復不能なダメージが加わる恐れがあります。極端な高温状態が続くと、発煙・発火・爆発に至る可能性も。

コタツやストーブなどの暖房器具から出る熱に、iPhoneをさらないよう、取り扱いには注意してください。使い捨てカイロにも要注意です。

知らぬ間に水没

温度以外にも気をつけたいのが「結露」です。

外の空気で冷やされたiPhoneを暖かい部屋に持ち込むと、部屋の空気に含まれる水蒸気がiPhoneに触れ、内部で水滴になる恐れがあります。

ご存知の通り、電子機器にとって水滴は大敵。水没と同様、iPhoneの回路がショートして故障する原因になります。

結露を防ぐには

対策は、冷えたiPhoneを暖かい部屋にいきなり入れないこと。暖房が効いていない部屋に置くなどして、iPhoneの温度を室温に少しずつ近づけましょう。

参考

バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!