iPhoneだけで画面を録画できるアプリが登場!

Vidyo!


(© Innovative Developers)

ホーム画面やほかのアプリを操作している様子・音を、iPhoneだけで撮影できるアプリ『Vidyo!』がApp Storeに登場しました。

アプリの使い方を説明する動画、ゲームのプレイ動画などを撮るのにピッタリです。

※ App Storeからアプリを購入できなくなりました(2016年1月8日 追記)

使い方

アプリの画面と音を録画するために「Device Audio」と「Device Screen」にチェックを入れてから、アプリを閉じます。

Vidyo!


(© Innovative Developers)


Vidyo!
コントロールセンターで【AirPlay】をタップします。


【Vidyo】を選び、【完了】をタップします。すると「ピッ」という音が鳴り、録画が始まります。

Vidyo!


録画を止めるときは、再びコントロールセンターで【AirPlay】をタップ。【iPhone スピーカー】を選ぶとアナウンスがあり、録画が止まります。

横表示のアプリで撮影する場合

ホーム画面のような縦表示ではなく、横表示のアプリを撮影する際は、そのアプリを起動してから録画を開始しましょう。

録画ファイルを再生する方法

Vidyo!
カメラロールに追加されるので、写真アプリで再生できます。

通常の写真やビデオと同じように、PCにも取り込めます。


録画の品質を設定する方法

「Device Resolution」でビデオの解像度、「Device Max FPS」で1秒あたりのフレーム数を決められます。高いほど高画質になりますが、容量も大きくなります。

Vidyo!


(© Innovative Developers)

実際に6分ほど撮ってみましたが、画質・動きともによく、音ズレも気になりませんでした。設定は解像度が1080p、FPSは60です。

ウェブサイト『MacStories』によると、こうした録画アプリはApp Storeからすぐに消えてしまうことが多いそうです。Appleが方針を変えたのか、それとも・・・。

iPhoneだけで画面を録画したかった方、ぜひお試しください!

※ App Storeからアプリを購入できなくなりました(2016年1月8日 追記)

参考

Vidyo, a Screen Recorder for iOS – MacStories

Vidyo! ・販売元: Innovative Developers LTD
・掲載時のDL価格: ¥600
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 2.4 MB
・バージョン: 1.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!