未来のiPhoneは光で通信? 期待高まる『Li-Fi』に課題も

Li-Fi


iOS 9.1に光で無線通信する技術『Li-Fi』に関するものと思われるデータが見つかり、iPhoneが将来対応するのではないかと話題になっています。

条件が整えば、Li-Fiは毎秒12.5GBのデータを送れます。これは16GBモデルのiPhoneの空き容量とほぼ同じです。

とはいえ、これほど高速な通信がスマートフォンですぐ実現する見込みは低いと考えられ、別の使い方が想定されているのかもしれません。

Li-Fiの仕組み

Li-FiはLEDライトが発する光を使い、デバイスにデータを送ります。デバイスには光を受け取るための受光器が必要です。テレビのリモコンを思い出してみましょう。

この状態ではLEDライトからデバイスへデータが流れるだけ。Wi-Fiのように送受信するには、デバイスに発光器とLEDライトに受光器が必要になります。

Wi-Fiとの違い

Wi-Fiは電波を使うので、電波による影響を多く受けます。たとえば2.4GHzのWi-Fiを使う際、近くで電子レンジやBluetooth機器を使うと速度が落ちます。

Li-Fiなら光を使うので、ほかの電子機器による影響を受けません。しかし、太陽光の影響は受けるので、使える場所は屋内や夜に限られるでしょう。

Li-Fiの課題

1つ目は、LEDの種類で通信速度が異なり、高速になるほどLEDが高価になる点です。

現在のLED照明によく使われる蛍光体発光ダイオードでは最大で毎秒12.5MB。iPhone 6sのWi-Fiは最大で毎秒108.25MBなので、いちじるしく速いわけではありません。

2つ目は、お互いに通信するには発光器と受光器が必要になる点。受光器はカメラで代用できても、発光器を新たに載せねばならず、設計・コストに影響します。

屋内のナビゲーションに使う?

高速化が難しい一方で、Li-Fiは屋内でのナビゲーションに使われる可能性があります。GPSは衛星からの電波を使うので屋内では受信できなかったり、位置測定の精度が低下したりします。

電機メーカーのフィリップスは、スーパーマーケットでの屋内ナビを開発しています。スマートフォンのカメラでLEDライトからのデータを受け取ります。

(引用元:YouTube

こうしたシステムであれば、スマートフォンが一方的にデータを受け取るだけで済むので、発光器を載せなくてもOK。

ある棚の近くを通ったときにクーポンを受け取れる、といったことも可能でしょう。しかし、2013年にAppleが発表した『iBeacon』との差別化は難しそうです。
iOS 7の「iBeacon」に注目!「退店で決済」「正確な屋内ナビ」実現か。

iOS 9.1で見つかったデータが本当にLi-Fiを指し示しているのかは不明ですが、もしiPhoneが対応したら、私たちの生活がちょっと楽になるかもしれませんね。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!