iPhoneの個人情報を守るためにやるべき対策

20150925_iPhonenews6_n - 7


iPhoneは個人情報の塊です。ちょっと目を離した隙に、誰かがあなたのiPhoneを使い、その情報を見ようとするかもしれません。

最低限やっておきたい設定をご紹介します。

こちらもご覧ください。
iPhoneの個人情報は意外なところから漏れる

iPhoneをパスコードでロックする

iPhoneを操作する際にパスコードの入力が必要になるよう、設定しましょう。他人がiPhoneを勝手に操作できなくなります。

設定していない方は、設定アプリの【Touch IDとパスコード】で設定してください。

設定


パスコードを設定済みの方は、パスコードそのものを見直しましょう。

「1234」や誕生日・住所・車のナンバー・他でも使っている暗証番号など、誰でも推測できそうなパスコードは変更してください。新しいパスコードは推測しにくいもの・他で使っていないものにしましょう。

自動ロックまでの時間

iPhoneを放置した際、自動でロックされるまでの時間を短くしましょう。設定アプリの【一般】→【自動ロック】で設定できます。

設定アプリの【Touch IDとパスコード】→【パスコードを要求】が、【即時】に設定されていることもあわせて確認しましょう。

通知の設定を見直す

通知は便利ですが、ロック画面にその内容を表示する場合もあります。これだとロックを解除しなくても、個人的な情報を覗き見できてしまいます。

設定


そこで、通知の設定を見直しましょう。

メール・メッセージなら、設定アプリの【通知】→【メール】または【メッセージ】→【プレビューを表示】をオフにします。これで受信したメール・メッセージの内容はロック画面に表示されません。

設定


ほかのアプリでは、アプリの中にある設定でプレビューをオフにできる場合があります。

たとえば『LINE』では、画面右下の【その他】をタップして【設定】→【通知】→【メッセージ内容表示】をオフにします。

プレビューをオフにできない・通知をロック画面に表示したくない場合は、設定アプリ→【通知】で目的のアプリを開き、【ロック画面に表示】をオフにしましょう。

設定


通知センターをオフにする

ロック画面を上から下にスライドすると、通知センターで通知や今日・明日の予定を誰でも見られます。これをオフにしましょう。

設定アプリの【Touch IDとパスコード】→【今日】と【通知の表示】をオフにします。

設定


『iPhoneを探す』を設定する

iPhoneを紛失したときに備えて『iPhoneを探す』を設定しましょう。遠隔操作でiPhoneの現在地を調べたり、データを消去したりできます。

設定アプリの【iCloud】を開き、App Storeで使っているApple IDでサインインしましょう。iPhoneを探す機能が自動でオンになります。

設定


万が一の事態になったときは、PCのウェブブラウザで『iCloud.com』にアクセス。同じApple IDでサインインすれば、iPhoneの現在地検索・データ消去ができます。

iCloud.com

コントロールセンターを無効に

iPhoneが機内モードになると現在地検索・データ消去はできません。そして、ロック画面でコントロールセンターが使えると、誰でも機内モードをオンにできてしまいます。

そこで、ロック画面からコントロールセンターが使えないようにしましょう。

設定アプリの【コントロールセンター】→【ロック画面でのアクセス】をオフにします。

設定


最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!