知っておきたいiPhoneの「緊急」機能

1 (46)


iPhoneのロック画面に、【緊急】とあるのはご存知ですか?

緊急は、ロックを解除しなくても特定の場所に連絡できる機能です。
ここから警察や消防にすぐ連絡できます。

そんな緊急機能ですが、いざという時に知っておくととても便利な機能が色々あるんです。

iPhoneの緊急電話について

緊急電話は、iPhoneのロック画面からかけられる緊急時の連絡手段です。

1 (39)
3 (9)


【緊急】をタップすると、電話番号を入力する画面になります。ロックされているiPhoneでも、緊急は誰でもアクセスが可能です。

4 (5)


しかし、緊急にはルールがありかけられる番号は以下の3つだけです。

  • 110:警察
  • 119:消防(救急)
  • 118:海上保安庁(海上での事故や事件の連絡)

緊急時のみ、上記にだけ連絡できるようになっています。
家族や知人の電話番号を入力しても、かけることはできません。

緊急時に特定の人にも連絡できるように設定する方法

自分が事故や病気で倒れてしまったとき、家族や知人にいち早く連絡してもらいたいですよね。

ある設定をしておけば自分のiPhoneを拾った人が、緊急から「110・119・118」以外にも家族や知人に連絡できるようになるんです。

また、自分の持病や血液型などの情報を、緊急から確認できるようにも設定することができます。

ヘルスケアから「メディカルID」を設定しよう

はじめに、【ヘルスケア】のアプリを開き、メニューの【メディカルID】を選択します。
続いて、【メディカルIDを作成】をタップします。

1
2


緊急時のアクセスの【ロック中に表示】をONにしましょう。これで、ロック画面にメディカル情報を表示されるようになります。
続いて、表示される情報を入力していきます。

3
4


ここで、緊急時に特定の人にも連絡ができるように設定を行います。
【緊急連絡先を追加】から、連絡先を増やすことができます。
その人の【名前】、【電話番号】、【間柄】を入力して完了です。

自分のメディカル情報・緊急連絡先を追加したら、画面右上の【完了】をタップして終了です。

5
6


メディカルIDを登録し、ロック中に表示をONにしていると、画像のようにロック画面に【メディカルID】と表示されます。
ここからメディカルIDに登録した情報が見られるようになります。緊急連絡先の【電話マーク】をタップすると、登録した人に電話をかけることができます。

1 (1)
1 (2) 2


倒れている人を見つけたらまず救急要請。
そして、その人がiPhoneを持っていたら、ロック画面からメディカルIDが登録されているか確認しましょう。
救急隊の到着までの時間に、その人の家族に連絡したり、救急隊にその人の基本情報(持病・血液型など)を伝えることができます。

自分が倒れたときも同様です。救助してくれる方がメディカルIDを確認し、連絡・情報共有してくれると思うと心強いですよね。

ただし、この方法は「ロック画面からメディカル情報を確認できる・登録できる」という情報を知らなければいけません。
知らない人も多いと思いますので、ぜひこの記事の拡散等のご協力をお願いいたします。

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
頂いたリクエストをライターたちが全力で調べて、あなたの「知りたい!」に答えます!

リクエストはこちらから→ あなたのリクエストを記事にします!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!