iPhone 7にiPhone 6s用ケースは装着できるのか?

iPhone 6s Smart Battery Case


© Apple Inc.

によれば、iPhone 7のデザインは『iPhone 6s』とほぼ同じです。もしそうであれば、ケースは流用できるのでしょうか。

サイズはほぼ同じか

YouTubeチャンネル『Austin Evans』と『TechnoBuffalo』が公開した動画によれば、iPhone 7のサイズは以下の通りになりそうです。

iPhone 7 iPhone 6s
高さ 約138ミリ 138.3ミリ
約67ミリ 67.1ミリ
厚さ 約6.7ミリ 7.1ミリ

iPhone 7のモックアップ(模型)とされるもので計測されているため、実際のiPhone 7とはまったく異なる値かもしれません。

ケースは装着できるが・・・

これまでに流出したモックアップとiPhone 6sとの比較、そして上記のサイズから考え、おそらくiPhone 6s用ケースを装着することは可能でしょう。

しかし、問題が2つあります。

1つはiSightカメラとTrue Toneフラッシュ。iPhone 7ではiSightカメラが大型化し、それにともなってTrue Toneフラッシュとともに位置がより左側に移るようです。

iPhone 7


引用元:YouTube

もう1つはスピーカーとマイクです。iPhone 7ではイヤホンジャックを廃止し、そこにはスピーカーが追加されると噂されています。

iPhone 6s用ケースではこの部分も覆われているものがあり、スピーカーを使うと音がこもってしまう可能性があります。

マイクの位置も変わるかもしれず、iPhone 6s用ケースを装着すると通話しづらくなることも考えられます。

iPhone 7 Plusでの流用はほぼ不可能か

『iPhone 6s Plus』用ケースをiPhone 7 Plusで使うことはおそらく不可能でしょう。

2つのレンズを備えたデュアルiSightカメラはこれまでのiSightカメラより大型で、iPhone 6s Plus用ケースと干渉する可能性が高いです。

アクセサリとの接続・充電に使えるSmart Connectorの搭載も噂されています。

151117_ipadpro_ipadair - 09


このコネクタの存在がiPhone 6s Plus用ケースでは考慮されていないので、Smart Connectorは使えなくなってしまいます。

いずれにしても現時点での噂に基づく推測なので、実際に発表されるiPhone 7では事情がまったく異なる可能性もあります。

参考

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!