iPhoneのプライバシー設定を点検すべし

『iOS 10』で履歴を削除する方法はこちら。
iPhoneに残る「履歴」を消す方法

(2016年11月1日 追記)

———

プライバシー


iPhoneを長く使っていると、操作に慣れたり、たくさんのアプリを入れたり消したりするので、プライバシー設定がなおざりになってしまうことがあります。

プライバシー設定とは

iOSやアプリが、iPhoneに入っている・iPhoneが収集している個人情報にアクセスできるか否かを設定できます。

設定アプリの【プライバシー】を開いてみましょう。

プライバシー


各項目が意味する内容と、どのようなアプリがアクセスを求めるのかをまとめました。

名前 アクセスするデータ・機能 アプリ(例)
位置情報サービス GPSなどで得た現在地 地図アプリ・カメラアプリ・ゲーム
連絡先 連絡先アプリのデータ 連絡先を整理するアプリ・メールアプリ・SNSアプリ
カレンダー カレンダーアプリのデータ カレンダーアプリ・メールアプリ
リマインダー リマインダーアプリのデータ ToDo管理アプリ
写真 iPhoneで撮った・保存した写真や動画 写真加工アプリ・写真を送信するアプリ
Bluetooth共有 Bluetoothでデータをやり取りする機能 ファイル管理アプリ
マイク iPhoneのマイクへのアクセス 音声通話アプリ
カメラ 写真の撮影機能 撮影機能を持つアプリ
ヘルスケア ヘルスケアアプリのデータ フィットネスアプリ
HomeKit 連携する家電の操作 HomeKit対応の家電アプリ
メディアライブラリ Apple Musicの曲をライブラリに追加 音楽アプリ
モーションとフィットネス 歩数などのデータ フィットネスアプリ・歩数計アプリ
Twitter・Facebook 各サービスとの連携機能 投稿機能を持つアプリ

このほかに【診断/使用状況】と【広告】という項目があります。

【診断/使用状況】では、iPhoneで発生したエラーや操作した際の状況などを記録したデータを確認できるほか、それらをAppleに送信するか否かを選べます。

【広告】では、ユーザーの動向を追跡して情報を収集・調査するタイプの広告を制限できます。

特に注意したい設定

特に注意したいのが、個人情報に直結する位置情報サービスです。iPhoneのGPSやWi-Fiを使って現在位置を測定し、そのデータをアプリに提供します。

プライバシー


アプリを点検する

設定アプリの【プライバシー】→【位置情報サービス】を開き、設定を確かめましょう。アプリごとに位置情報サービスの利用を許可・不許可できます。

設定は【常に許可】・【このAppの使用中のみ許可】・【許可しない】の3段階。未対応のアプリでは【このAppの使用中のみ許可】は選べません。

対応しているアプリで【常に許可】を選ぶと、アプリを閉じている(バックグラウンドにある)状態でも位置情報を取得できるようになります。

システムサービスを点検する

iOS自体も位置情報サービスを利用し、時間帯の設定・『iPhoneを探す』などの機能を提供しています。

データをAppleに送信し、製品の改善やサービスの提供に使われる場合もあります。データは匿名化されるので、個人が特定されることはありません。

これらの機能で位置情報の使用を認めるか否かは、設定アプリの【プライバシー】→【位置情報サービス】→【システムサービス】で設定できます。

1度チェックして、必要ないものがあればオフにしておきましょう。

参考

プライバシーと位置情報サービスについて – Apple サポート

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!