iPhone 7でイヤホン事情はどう変わる?

pauls1007earpds - 1


今年の秋に発表される見込みのiPhone 7では、イヤホン・ヘッドホンの事情が大きく変わると噂されています。なぜ変わるのか、そしてどう変化するのかをご紹介します。

イヤホンジャックがなくなる?

理由は不確かですが、iPhone 7でのイヤホンジャック廃止が噂されています。

iPhone 7


引用元:YouTube

当初はその理由としてiPhoneの薄型化が挙げられていたものの、現在出回っている噂によれば、iPhone 7の厚さは『iPhone 6s』と大きくは変わらないようです。

iPhone 7で防水・防塵構造を採用するために、液体やゴミの侵入路となりやすいイヤホンジャックをなくす、という理由も考えられますが、実際にそうなるかは不透明です。

理由はどうあれ、イヤホンジャック廃止の噂は有力視されています。

3つの選択肢

iPhone 7でイヤホンを使って音楽を聴く場合、どんな選択肢があるのでしょうか。

選択肢その1:アダプタを使う

もっとも手軽と考えられるのが、アダプタを使う方法です。いま使っているイヤホンがそのまま使えます。

アダプタにはLightningコネクタで接続するものと、Bluetoothで接続するものの2種類があります。Bluetoothタイプは利用前に充電が必要です。

Lightningタイプのアダプタはまだ市販されていないようですが、iPhone 7の発売に合わせて店頭に登場することになるでしょう。

iPhone 7にはLightningタイプのアダプタと純正イヤホンの『EarPods』が付属するのではないか、という噂もあります。
iPhone 7のイヤホン変換アダプタが流出?

iPhone 7


引用元:Mac Rumors

選択肢その2:Lightning接続のイヤホンを使う

端子がイヤホンプラグではなく、Lightningコネクタになっているイヤホンを使う方法もあります。すでに多くの製品が発売されています。

より高音質になるというメリットはありますが、値段が比較的高いというデメリットもあります。

iPhone 7では付属するEarPodsがLightningコネクタで接続するタイプになる、という噂もあります。以下はそのEarPodsを入手し、使ってみたとする動画です。

選択肢その3:Bluetooth接続のイヤホンを使う

iPhoneとイヤホンをワイヤレスでつなぐこともできます。その手段として使うのがBluetoothです。

ケーブルによる制約が少ないのが特徴ですが、利用前には充電しておく必要があります。

iPhone 7にはBluetoothで接続するタイプのEarPods(AirPods?)が付属する、あるいはAppleがオプション品として発売する、という噂もあります。

来年・再来年のiPhoneにも影響か

仮にイヤホンジャックがiPhone 7で廃止された場合、極めて不評でなければ2017年、2018年の新型iPhoneにもイヤホンジャックは搭載されないでしょう。

今後新しいiPhoneに買い替える際には、アダプタを使うか、イヤホンを買い替えるか、という選択が避けられないものになるかもしれません。

参考

Fully functional Lightning EarPods caught on video – iDownloadBlog

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!