Googleの検索結果で見かける「AMP」って何?

AMP


©2016 Google

『Google』で検索したことがあれば、1度はこの雷マークと「AMP」という文字を見たことがあるかもしれません。これが何を意味するのかをご紹介します。

AMPって何?

「Accelerated Mobile Pages」の略で、従来のウェブページよりも読み込みが速い、スマートフォン向けページの規格です。

どうやって見る?

アプリやログインは必要ありません。GoogleでAMP対応ページを見るなら、SafariだけでOKです。

Safari


Googleで、ニュースになっていそうなキーワードを使って検索してみましょう。ここでは「iPhone 7」としました。

Safari


すると、検索結果の中に「トップニュース」というトピックがあるので、ここに注目。この中に含まれる記事はAMPに対応しています。気になる記事をタップしてみましょう。

AMP


©2016 Google

AMP
すると、瞬く間に記事が表示されます。待ち時間・読み込み時間はほぼゼロです。


©2016 Google

普通なら、タップして読み込みが終わるまでに数秒は待つはず。なぜこれほどまでに速いのでしょうか。

AMPが速い理由

1つ目の理由は、AMP専用の仕様に基づいてページが用意されているので、読み込みや処理の負荷が通常よりも軽いこと。

2つ目の理由は、事前にページを処理していること。Googleで検索結果が表示される際にAMP対応のページも処理されています。

3つ目の理由は、キャッシュされていること。GoogleではAMP専用のサービスを用意し、対応ページを保存。データはそこから取得するので高速です。

AMPの今後

現在は主にニュースやブログでAMPが使われていますが、動画・写真・GIFアニメなどにも対応することが最終的な目標とされています。

さらにGoogleは「トップニュース」に限らず、検索結果全体にAMP対応ページをリストアップしていくことも発表しています。

そのプレビュー版が以下のページで公開中です。普段通りに検索してみてください。

https://g.co/ampdemo

記事の概要文の前に「AMP」というマークがある場合、先のトップニュースと同じく、リンクをタップするとAMP対応ページが表示されます。

AMP


©2016 Google

参考

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!