iPhone 7の性能をベンチマーク比較! A10の実力は?

「iPhone 7」と「iPhone 6s」の背面の違い


iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』の性能を『iPhone 6s』・『iPhone 6s Plus』と比べました。

テストの条件

以下のアプリを使ってベンチマークという、性能を数値化するテストを行いました。

テストの条件は以下の通りです。

  • iOS 10.0.1をインストール
  • ほかのアプリをすべて終了した状態で実施
  • ベンチマークの実施は1回

同じデバイス・条件でテストを行っても、個体差などによって同じ結果を再現できない可能性があります。

スペックを比較

これまでに判明している、iPhoneの処理能力に関わるスペックをまとめました。

iPhone 7 iPhone 7 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus
プロセッサ A10 Fusion A9
コア数 4コア
(省電力2コア・高性能2コア)
2コア
最大速度 2.33GHz 1.85GHz
システムメモリ 2GB 3GB 2GB

iPhone 7/7 Plusではプロセッサのコアが4個になり、必要とされる能力に応じて「消費電力は少ないが遅いコア」と「消費電力は多いが速いコア」を使い分けます。

この仕組みのおかげで、iPhone 7/7 Plusは効率良くバッテリーを使えるため、Appleが公表している稼働時間は長くなっています。

ただし、高い処理能力を必要とする使い方を続ければ、消費電力が多いコアを使い続けることになるので、Appleの公表値通りにはならない可能性が高いです。

計算能力を比べる

『Geekbench 4』を使い、各iPhoneの計算能力を比べます。

まずはプロセッサで計算を担うコアを1つだけ使った、シングルコアの結果です。数値が高いほど計算能力が高いことを示しています。

iPhone 7


コアを2つ使った、マルチコアの結果は以下の通りです。こちらも数値が高いほど計算能力が高いことを示しています。

iPhone 7


シングル・マルチコアともに、iPhone 6s/6s Plusの1.3〜1.4倍ほどの結果でした。

iPhone 6sと『iPhone 6』を比べたときも同様の結果だったので、昨年と同じような性能アップと言えるかもしれません。

グラフィックの処理能力を比べる

ゲームには欠かせないグラフィックの処理能力を『GFXBench GL』で比べました。数値が高いほど処理能力が高いことを示しています(スコアの小数点以下は切り捨て)。

iPhone 7


iPhone 7


Appleが開発した、iPhone・iPadの能力を引き出す『Metal』を使った場合の処理能力を『GFXBench Metal』で比べてみました。

こちらも数値が高いほど処理能力が高いことを示しています(スコアの小数点以下は切り捨て)。

iPhone 7


iPhone 7


iPhone 7に明確な性能アップが見られない一方、iPhone 7 Plusは健闘しています。

「Plus」モデルはディスプレイ解像度が高いので、グラフィックの処理能力はこれまで4.7インチiPhoneに劣っていましたが、そのギャップを埋めつつあるようです。

ストレージ・メモリの性能を比べる

ストレージはデータほ保存しておく場所、メモリは処理に必要なデータを一時保存しておく場所です。

どちらもデータを読み書きするスピードが重要で、高速であれば快適にアプリを使える場面が増えます。

その性能を『PerformanceTest Mobile』で計測しました。

ストレージの性能

総合スコアは以下の通りです。数値が高いほど高速であることを示しています。

iPhone 7


iPhone 7とiPhone 7 Plusでスコアが大きく異なる理由は、容量の違いかもしれません。今回のテストでは128GBのiPhone 7と、32GBのiPhone 7 Plusを用いました。

これまでのiPhoneからすると、容量が大きいiPhoneほど高速なストレージ・制御装置を使っているため、今回も同様の結果になった可能性があります。

メモリの性能

総合スコアは以下の通りです。数値が高いほど高速であることを示しています。

iPhone 7


iPhone 7/7 PlusはiPhone 6s/6s Plusと同じ、LPDDR4規格のメモリを搭載しているようですが、結果を見る限りでは読み書きがさらに速いようです。

まとめ

昨年とは異なり、iPhone 7/7 Plusのグラフィック処理能力が大幅に伸びていません。他所で行われているテストでも同様の結果が出ています。

プロセッサ・メモリの読み書きなどが高速化していることを踏まえると、iPhone 7/7 Plusではグラフィックに関する処理の負荷が高いのかもしれません。

グラフィック処理はiPhoneを使う上で不可欠な要素なので、総合的な処理能力という観点からすると、iPhone 6s/6s Plusと比べてiPhone 7/7 Plusでは大きな変化が感じられない可能性があります。

一方で新型iSightカメラ・耐水・『Apple Pay』など、今回のベンチマークには含まれない要素も。これらが新型iPhoneのおもな魅力となりそうです。

参考

手に入れよう!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
購入ページはこちら

iphome7_softbank_new02


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!