わからない言葉をGoogleで調べてるならコッチに切り替えるべき

皆さんは、わからない言葉を見つけた時にどうやって調べていますか?
おそらく、ほとんどの人は「Google」などを使用して検索していると思います。

非常に手軽ではあるのですが、検索エンジンの検索結果には一般のユーザーが編集したもので正確ではない情報もたくさんあります。
正しくない検索結果を見てしまったがために、この後のコミュニケーションで失敗したくはありませんよね。

そんな方には『大辞林』がオススメです。誰もが一度は見たことがある大辞林のアプリ版です。

アプリで言葉の意味を調べよう

アプリを起動すると、このような画面が。

「インデックス(見出し)」となっていて、ここから調べたい言葉を検索します。

1
2


© 2008 MONOKAKIDO Co. Ltd.

【五十音】から好きなワードを調べます。

非常に直感的に扱える画面です。自分が調べたい言葉の頭文字をタップしましょう。

今回は「エキス」という言葉を調べるために、【え】を選びました。

3


すると検索結果も五十音順に並んでいます。調べたい言葉を見つけたらタップ。

検索結果は、馴染みのある大辞林の検索結果に似ていますね。
                            
4 5


通常の書籍版では、子項目を調べるために再度辞書を引く必要がありますが、アプリ版ならワンタップで切り替えられますよ。 

5
6


また、言葉の解説文中にわからない言葉があった場合も、ワンタップでそちらの解説に移動できます。この機能が非常に便利で、言葉を検索しても結果良くわからなかったという事態が格段と減りますよ。

7
9


わからない文字も検索できる

大辞林なら、見た目はわかっていても読み方のわからない漢字も簡単に調べられます。

その方法とは手書き検索。かなり画数が多い難しい漢字も調高確率で認識してくれます。

12
13


しかも、手書き入力で探した漢字の検索結果には、その漢字を使用する熟語も羅列されます。

漢字がわかってから、再度熟語で調べる手間が掛かりません。

14
15


言葉や文字を検索するには間違いなく最強のアプリです。
検索エンジンで、頻繁に言葉や文字を検索する方は使ってみてください。

大辞林 ・販売元: MONOKAKIDO Co. Ltd.
・掲載時のDL価格: ¥2,600
・カテゴリ: 辞書/辞典/その他
・容量: 210.1 MB
・バージョン: 4.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!