iPhone 7が見知らぬApple IDでロックされる現象

iPhone 7 開封 付属品


ようやく手に入れた『iPhone 7』の電源を入れてみると、知らないApple IDのメールアドレスとパスワードの入力を求められて、ほかの操作が一切できない。

このようにiPhoneを守るアクティベーションロックが、なぜか購入したばかりのiPhone 7に設定されている事例が報告されています。

アクティベーションロックとは?

『iPhoneを探す』に備わっている機能の1つで、iPhoneの盗難や不正転売を防ぐためのものです。

iPhoneの初期化・初期化後のiPhoneのセットアップを行う際に、あらかじめ登録したApple IDのメールアドレス・パスワードを入力する必要があります。

セットアップ時にアクティベーションロックの認証が必要になった場合、認証が完了しない限り、ほかの操作は一切行えません。

Appleの対応

Appleの直営店にある『Genius Bar』や電話窓口において、そのiPhoneを購入したことを証明できればAppleがロックを解除しているそうです。

もしお使いのiPhoneが見知らぬApple IDでロックされてしまった場合は、Appleのサポート窓口に連絡しましょう。

iPhone – Apple サポート 公式サイト

この現象はiPhone 7に限らず、初期化した『iPhone 6s』で発生した例もあります。

原因は?

Appleからの発表はなく、現時点で原因は分かっていません。

考えられるのは、アクティベーションロックを管理するデータベースの不具合です。

Appleのサポートページによれば「iPhoneを探す」をオンにすると、Apple IDがAppleのアクティベーションサーバに保存され、そのiPhoneと関連づけられます。

この登録が正しく行われなかったために、見ず知らずのApple IDと新品のiPhone 7が関連付けられて問題が発生した可能性があります。

おそらくユーザーができる対策・対処法はないので、この問題が発生した際にはAppleのサポート窓口に問い合わせましょう。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!