iPhoneだけで作る写真LINEスタンプ① 〜写真撮影のコツ〜

top19


LINE(ライン)』のトーク内で使える「LINEスタンプ(ラインスタンプ)」は自分で作ることができます。

約1か月前に写真を使ったLINEスタンプが解禁されたことを受け、実際に写真を使ったLINEスタンプを作ってみることにしました!

実際に作成しながら、手順を解説する記事を随時書いていきます。
さらに、「LINEスタンプを作ってみたいけど難しそう」と思っている人でもカンタンに作れるように、PCや難しいソフトなどは使用せず、すべてiPhoneだけで作成しますよ。

さて、写真LINEスタンプを作るためには、当たり前ですがまずは写真を撮影しなければなりません。
写真を撮る時、何も考えずに撮るのではなく、「とある工夫」をすることでその後の作業が格段にカンタンになるんですよ!

この記事では、写真LINEスタンプを作成する時の写真の撮り方を紹介します。

写真のLINEスタンプを作る手順

写真を使ったLINEスタンプを作る大まかな手順は、以下の通りです。

①写真を撮る
②写真に文字やイラストを加える
③背景を透過する
④サイズを変える

今回は、その第一段階である「写真を撮る」工程について詳しく解説します。

実はこの「写真を撮る」時にとある工夫をすることで、その後の「③背景を透過する」工程がグッと楽になるんです!

画像の背景を「透過」することを考えて写真を撮る

写真を撮る時にすると良い工夫とは、背景を「透過」することを考えて写真を撮ることです。

LINEスタンプを作る際、画像の背景を透明化する作業が必要です。この作業を「透過」と言います。
今回透過作業をする時は『背景透過』というアプリを使いますよ。
(※アプリ『背景透過』で画像を「透過」する方法については、のちほど別の記事でご紹介します。)

▼(上)透過されていない画像・(下)透過されている画像▼
hand


画像の背景を「透過」する過程で大事になってくるのが、写真の撮り方です。

これから、自分の手を被写体として、写真の撮り方の「良い例」と「悪い例」を紹介します。

良い例:無地の背景

無地の背景で写真を撮るのが一番良いです。

黒っぽい被写体なら白っぽい無地の背景、白っぽい被写体なら黒っぽい無地の背景がベストです。

IMG_8302


今回使う『背景透過』というアプリは、透過したい部分をタップすると、タップした部分と同色の範囲すべてが透過されます。

背景が同色で、さらに被写体と背景の境界線(被写体の輪郭)がハッキリわかる方が、背景を一発で綺麗に透過しやすいんです。

1
2


© Magichour Corporation

悪い例1:無地の背景でも質感や模様がわかるもの

無地の背景でも、カーペットの上など「質感がわかる」背景は避けた方が良いです。

IMG_8301


カーペットの上で撮った写真を透過すると、このようにゴワゴワとした質感の部分が透過されずに残ってしまいます。
後から手動で綺麗に透過する必要があるので、余計な時間と手間がかかってしまいます。

3
4


悪い例2:背景に被写体以外のものが写っている

背景に被写体以外のものが写らないように写真を撮りましょう。

例えば、以下の写真は、被写体の背景にイヤホンが写り込んでいます。これは悪い例です。

IMG_8304


被写体の背景にイヤホンが写り込んでしまっていると、イヤホン部分が透過されずに残ってしまいます。

被写体の輪郭を手動で綺麗に切り抜く必要があり、かなり難しいです。
手動で綺麗に透過作業をしなければならなくなるため、時間と手間がかかってしまいます。

5
6


「透過」することを考えて写真を撮ると後々ラクなので、LINEスタンプの写真を撮る時は「無地の背景」を用意しましょう!

LINEスタンプの作り方まとめ

AppBankでは、ライターがLINEスタンプを実際に作りながら、作り方を1から紹介しています。
準備段階からリリースまですべてやり遂げます。ぜひチェックしてくださいね!

『LINEスタンプ』の作り方まとめ

背景透過 -写真を切り抜き、背景透明でスタンプを無料で作成- ・販売元: Magichour Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 10.8 MB
・バージョン: 1.2.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!