プライバシーを重視したiPhone向けブラウザ『Firefox Focus』

Firefox Focus


© Mozilla and its contributors 2016 以下同じ

ユーザーの動向を調べるスクリプトなどの読み込みを防ぎ、履歴などのデータを簡単に消せるブラウザ『Firefox Focus』を紹介します。

『Firefox』と同じ、Mozillaが開発したアプリです。

Firefox Focusの使い方

アプリを開いたら、検索キーワードかURLを入力します。筆者が試したところ、日本語の検索キーワードは入力できませんでした。

Firefox Focusの使い方


ウェブページを見る・リンクを開く操作はSafariと同じです。タブは用意されていません。

ウェブページを見終わったら、画面右上の【ERASE】をタップします。

Firefox Focusで履歴消去


これで履歴・パスワード・Cookieなどがすべて消去されます。

Firefox Focusで表示できないページがあるときは

画面右下にあるボタンをタップしましょう。いま表示しているページをSafariで開き直すことができます。

Firefox FocusのページをSafariで開き直す


もっとプライバシーを重視するなら

アドレスバーをタップし、キーボードの右上にある歯車ボタンをタップします。

Firefox Focusの設定


【Block other content trackers】をオンにしましょう。ただし、一部のウェブページや添付されている動画などが表示できなくなります。

Firefox Focusの設定


読み込みを高速化するなら【Block Web fonts】もオンにしましょう。それぞれのウェブページで設定されているフォントの読み込みを拒否できます。

Firefox Focusの設定


匿名化されているとはいえ、利用に関する情報が収集されるのは気が進まない、という場合には【Send anonymous usage data】をオフにしましょう。

Firefox Focusの設定


Mozillaによれば、Firefox Focusがどこからダウンロードされたのか・IPアドレス・国・言語・iOSのバージョンのほか、使用頻度に関するデータを匿名で送信するそうです。

Safariのコンテンツブロッカーとしても使える

Firefox Focusはコンテンツブロッカーに対応しているので、ユーザーの動向を調べるスクリプトなどの読み込みを防ぐ機能はSafariでも使えます。

設定アプリの【Safari】→【コンテンツブロッカー】を開き、【Firefox Focus】をオンにしましょう。

コンテンツブロッカー


Firefox Focusの設定画面を開き、【Safari】がオンになっていることを確認します。

Firefox Focusの設定


これでFirefox FocusをSafariのコンテンツブロッカーとして使えます。

コンテンツブロッカーについては以下のページをご覧ください。
iPhoneのSafariで広告をブロックする『コンテンツブロッカー』まとめ
【検証】Safariはコンテンツブロッカーを増やせば速くなるのか

Firefox Focus: The privacy browser ・販売元: Mozilla Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 11.4 MB
・バージョン: 2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!