伝説のゲームがiPhoneに復活。犯人推理ノベル『消火栓』

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


© 2016 IMT CO.,LTD

PCで50万ダウンロードを達成したゲーム『消火栓』がiPhone向けにリメイクされて帰ってきました。

舞台は1998年の夏休み。バスケ部の夏合宿のために岡山高原高校に訪れた主人公。
楽しい合宿のはずが、1日目の夜にCDプレイヤーが盗まれる事件が起きる。
そこから引き続き起きる失踪や監禁。楽しいはずの合宿は、予期せぬ最悪な事態へと転がっていく―――

特定の人物をマークする【犯人マークシステム】により、怪しい発言をした人を注意深く観察できます。
システムをうまく使い、犯人を探し出しましょう。

1998年、山奥の高校で起きた事件

主人公の小川弘樹は、部活のバスケに打ち込む普通の高校生。
舞台は山奥にある岡山高原高校。夏休み中、合宿のために集まりました。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


山奥のためコンビニは無く、携帯の電波も入りません。
1998年なので携帯は普及し始めで、当時は山に入るとすぐ圏外になってたんですよね。
「ラジオやポケベルの電波は届く」というセリフが時代を物語っています。
今の若い子たちはポケベル見たことないんだろうなぁ。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


部活の練習風景を見せつつ、登場人物の紹介が始まります。
文武両道の武藤やキャプテンの海老原、紅一点のマネージャー鈴原にちょっとひねてるプーやんなど出てくるのは個性的な人たちばかり。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


楽しい夏合宿になるはずが、1日目の夜にウォークマンやMDプレイヤー(知らない子は周りの大人に聞きましょう)が盗まれる事件が発生します。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


事件と同時に現れた転校生。
夏休みのこの中途半端な時期に転校・・・?

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


ここから少しずつ歯車が狂い始めます。
失踪、監禁、そして予期せぬ最悪な事態へ・・・。

一連の事件を解決するのは、あなたです。

犯人マークシステムで謎を解け!

消火栓』で謎を解くのに重要なのが、【犯人マークシステム】です。
特定の人物をマークすることで、何か起きたときにヒントを得られやすくなる(かもしれない)システムです。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


例えば、音楽プレイヤーを盗まれた話をしているとき、プーやんをマークしていると・・・。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


こんな感じで「何かおかしいんじゃないか?」と怪しみながら観察できます。

PCフリーゲームで有名になったサウンドノベル「消火栓」がスマホゲームアプリとしてリメイク


犯人マークシステムをうまく使い、情報を集めなければ事件は解決できません。
いつでもマークする相手は変えられるので、状況に合わせて変えていきましょう。

もしゲームオーバーになったとき、ヒントが表示されることがあります。
誰をマークするのかわからなかった場合は、ヒントを頼りにマークしましょう。

制作裏話が公式ツイッターで読める

消火栓』には、公式ツイッターが存在します。
今はゲームの紹介をしているだけですが、「PC版の制作当初は規模がでかすぎてインストールにフロッピーディスクが◯◯◯枚必要になりそうだった」など開発時の裏話が呟かれていくそうです。
ゲームが気になった人、面白いと思った人はぜひフォローしてみましょう!

犯人推理ノベルゲーム「消火栓」 ・販売元: IMT CO.,LTD
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 112.2 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!