iPhoneのアラーム機能で寝坊しないための注意点

時計アプリ


目覚まし時計の代わりに、iPhoneのアラームを使う方も多いと思います。しかし、この機能をうまく使わないと寝坊につながってしまうことも。

寝坊しないために覚えておきたい、アラーム機能のポイントをご紹介します。

「うっかり操作」でアラームがオフに

アラームが鳴っているときにiPhoneを操作すると、アラームがオフになってしまうことがあります。

アラームが鳴っているときに以下の操作をすると、どうなるか。確かめてみました。

時計アプリのアラームの仕様


なお、ロックを解除してiPhoneを操作しているときにアラームが鳴ると、ホームボタンを押したり、ほかのアプリを開いたりするとアラームは停止します。

寝ぼけて操作すると・・・

そのまま起きるなら問題ありませんが、以下の操作をするとアラームは停止します。

別のアラームが鳴るまでiPhoneは目覚ましとして機能しないので、寝坊につながる恐れがあります。

  • ホームボタンを押す
  • 画面の【停止】をタップする
  • Touch IDでロック解除
  • サイレントスイッチをオンにする
  • 音量調整ボタンを押す(スヌーズOFF時のみ)
  • 電源ボタンを押す(スヌーズOFF時のみ)

残念ながら、これらの操作を受け付けないようにする方法はありません。

根本的な対策にはなりませんが、目覚ましどおりに起きれるか不安がある方は、複数のアラームを設定しましょう。

1つを停止させても、2つ目・3つ目のアラームで起きれるかもしれません。

アラーム


スヌーズって何?

スヌーズは二度寝を防ぐ機能です。

iPhoneの場合、アラームが鳴っているときにスヌーズに切り替える操作をすると、そのアラームが一時停止。9分後にふたたび鳴ります。

ロック画面にカウントダウンを表示。ロックを解除してもカウントダウンは続きます。

スヌーズ中


スヌーズを停止させるには、ロック画面の通知を左にスライド→【表示】→【停止】をタップします。

スヌーズの時間(9分)を変えることはできません。

アラーム音が小さいときは○○を調整すべし

アラーム音が小さくて気づかない、というときは設定を変えましょう。

まず、設定アプリの【サウンド】を開きます。

設定アプリ


「着信音と通知音」のつまみを右に動かしましょう。これでアラーム音が大きくなります。

着信音と通知音の音量


その下にある【ボタンで変更】はオフにしてください。

ボタンで変更


これで音量調整ボタンでアラーム音の音量を変えられなくなるので、「いつの間にか音が小さくなっていた」ということを防げます。

この方法では着信音や、ほかの通知音の音量も大きくなります。

普段はサイレントスイッチをオンにしているのであれば、アラーム音以外の着信音・通知音は鳴らないので、問題になる場面は少ないでしょう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!