iPhoneを冷やしすぎると・・・

iPhone 7


iPhoneはさまざまな要因によってバッテリーの持ちが変わります。その要因の1つが「温度」です。

温度の変化でバッテリーの持ちが変わる

温度が非常に低い環境でiPhoneを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

バッテリーそのものが損傷を受けたわけではないので、最適な温度に戻れば、バッテリーの持ちも通常に戻ります。

だからといってiPhoneを温めることは危険です。

iPhoneに最適な室温

Appleによると、iPhone・iPad・iPod・Apple Watchに最適な室温は0〜35℃。理想的なのは16〜22℃の環境です。

低温でバッテリーの持ちが悪くなる影響は一時的なものですが、高温環境にiPhoneをさらすとバッテリーに回復不能なダメージが加わることがあります。

iPhoneが冷えた・冷えそうだからといって暖房器具などで温めたりすると、バッテリーなどが劣化・損傷して発火・発煙・爆発する恐れがあります。

寒さが特に厳しい地域を訪れる際は、温度によってiPhoneのバッテリーに影響が出ることを把握しておき、iPhoneを暖房器具などで温めないように注意しましょう。

参考

バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!