【必見】寒い場所でiPhoneの電源が落ちてしまったときの対処法

iPhone 寒い 電源 電源落ちる 対策 落ちる 充電遅い 【必見】寒い場所でiPhoneの電源が落ちてしまったときの対処法


(引用元:iPhone 7 – Apple(日本)

iPhoneを極端に暑かったり寒かったりする場所で使用すると、バッテリーの減りが早くなったり、バッテリーがあるのに電源が落ちてしまったりすることがあるんです。

これからウィンタースポーツをしに行く方や、寒い地域に旅行へ行く方も多いはず。
そんなときのために「寒い場所でのiPhoneの使用するときの注意点」と「電源が落ちてしまったときの対処法」を紹介します。

寒い場所でのiPhoneの使用するときの注意点

Appleが発表している「iPhoneを使用できる温度」は以下の通りです。

iPhoneを使用する場所の気温は0〜35℃、保管する場所の気温は-20〜45℃だそう。
雪山では気温がマイナスになることも多いので、かなり注意が必要ですね。

上記以外の気温でのiPhone使用はおすすめしません。電池の消耗が早くなったり、突然電池が切れてしまったりすることがあるので十分ご注意ください。

気温がマイナスの地域でiPhoneを持ち歩く場合は、iPhoneをタオルなどで巻いて少しでも寒さを和らげるようにし、外での使用は控えてください。

詳細はこちら→iPhone、iPad、iPod touch を許容可能な動作温度に保つ – Apple サポート

電源が落ちてしまったときの対処法

iPhoneが冷たくなりすぎて電源が切れてしまった場合や極端に冷えてしまったときは、常温に戻るまで使用しないようにしましょう。

ホッカイロなどで無理に温めたりしてしまうと、故障の原因になってしまうので気をつけてください!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!