iPhone 8の試作モデルが工場から流出、金属フレームが特徴

iPhone 8の試作モデルが工場から流出、金属フレームが特徴


iPhone 8のデザインを反映した、試作品のダミーモデルとされるものを撮った写真が公開されました。

iPhone 8(試作モデル)の特徴

実際にiPhoneとして機能するものではなく、外観を模した模型と考えられます。写真を公開したのは@VenyaGeskin1氏で、写真は友人から送られてきたもの、としています。

FoxconnはiPhoneの製造も請け負っている企業です。

写真からわかる、iPhone 8の特徴は以下の通りです。

  • 2枚のガラスで金属フレームを挟んだ構造
  • フレームの形状・配色は『iPhone 3G』に似ている
  • 電源ボタンは大型化(理由は不明)
  • 2つのレンズを縦に搭載したiSightカメラ
  • ホームボタンは見当たらない

このことから、Touch IDを画面に内蔵したタイプのiPhone 8を模したものと考えられます。現時点で有力視されているタイプです。
iPhone 8の詳細を有力紙『Bloomberg』が報じる

一方で『iPhone 5』のようなアルミニウム製ボディを採用し、Touch IDセンサーを背面に搭載するタイプのiPhone 8も試作されているという噂もあります。

Touch IDセンサー内蔵の画面が技術的な問題に直面しているため、こちらのタイプのiPhone 8が正式発表されるとも考えられています。
◯◯製iPhone 8の図面が流出、試作機の1つか

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 70.8 MB
・バージョン: 4.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!