2019年の新iPhoneはバッテリーをさらに増量、その理由は?

2019年の新iPhoneはバッテリーをさらに増量、その理由は?


2018年発表の新型iPhoneは『iPhone X』や『iPhone 8 Plus』よりも大容量のバッテリーを搭載すると噂されていますが、2019年にはさらに大きくなるようです。

TrueDepthカメラのアップグレードと関係?

正確な予測が比較的多いことで知られる、KGI証券のMing-Chi Kuo氏の予測によれば、2019年にはiPhoneに搭載されるTrueDepthカメラの性能が向上します。

現在、TrueDepthカメラはiPhone Xにのみ搭載されており、顔認証機能のFace IDに必要不可欠な3Dスキャンが可能です。

2019年の新iPhoneはバッテリーをさらに増量、その理由は?


この3Dスキャン機能や拡張現実(AR)に関連する機能が強化されることから消費電力が増加。その結果、大容量バッテリーを搭載する必要性が高まる、とKuo氏は予測。

さらに、バッテリーを搭載できるスペースを確保するため、新型iPhoneに搭載する部品の小型化・集積化が進む、とも予測しています。

2018年発表とされる新型iPhoneではバッテリー容量がiPhone Xよりも10%増える、と噂されていますが、バッテリーの持ちが良くなるのかは不明です。

2019年の新型iPhoneもKuo氏の予想通りなら、バッテリーの持ちが大幅に向上することはないかもしれません。

© 2017 Apple Inc.

参考

Apple’s Upgraded TrueDepth Camera System in Future iPhones Will Necessitate Larger Batteries – Mac Rumors

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!