最速! 「LINE Pay」のバーコードを2ステップで表示する方法

LINEのアプリだけでバーコード決済ができる「LINE Pay」の支払いに必要なバーコードを2ステップで表示する方法を紹介します。

「LINE Pay」バーコードを2ステップで表示する方法


20%還元や「もらえるくじ」のキャンペーンでLINE Payを良く使うという人も増えているかと思います。

使いたいなと思ったときにバーコード出すのめんどくさいなぁと思ったことありませんか?

普通に考えるとLINE Payのバーコードを表示するのにかかる手数は5つ。
1.iPhoneのロックを解除
2.LINEを起動
3.メニュータブからウォレットをタップ
4.コード払いをタップ
5.パスワードを入力

良く使う機能だからこそ、ササッと出せたら便利ですよね。そんな方法・・・あります! しかも最速2ステップです!

ウィジェットにLINE Payを設定

現状最速、それは「ウィジェットにLINE Payを設定」する方法。

iPhoneではロック画面やホーム画面で左から右にスワイプすると出てくる「ウィジェット」というものがあります。そこにLINE Payを設置することができます。

ウィジェットへの追加方法

iPhoneのホーム画面を左から右にスワイプし、ウィジェットを表示します。

1番下にある【編集】をタップします。


ウィジェットを追加の画面で「LINE Pay」を探しましょう。

ちなみにLINE Pay以外にもいろんなウィジェットを追加できるので、気になるものも追加すると便利になりますよ!


LINE Payを見つけたら、【+】をタップして追加しましょう。


追加したウィジェットは1番上にまとまっています。アプリ名の右にある【≡】を持つと順番を入れ替えられます。

最後に右上の【完了】をタップすれば設定は完了。


LINE Payのウィジェットはすでにパスワード入力待ち状態。


パスワードを入力すればバーコードが表示されます。


ウィジェットはロック画面からも行けるので、iPhoneのロックを解除しない状態でもLINE Payのパスワード入力へ進めます。

つまり、バーコード表示までの手数はたった2ステップ!
1.ウィジェットを表示
2.パスワードを入力

これが現状最速方法です!

ホームにLINE Payショートカットを置く

ウィジェットはあまり使っていないという人は「ホームにショートカットを置く」方法もあります。

アプリアイコンのようなショートカットをホームに設置することで、一気にパスワード入力画面まで行けるようになりますよ。

ショートカットの設置方法

まず、LINE Payのバーコード画面を表示します。1番下にある「コードショートカットを作成」をタップしましょう。


ブラウザが立ち上がるので、下の吹き出し通りアイコンをタップ。


出てきたメニューの中から「ホーム画面に追加」を選択します。


ホーム画面にショートカットができました!


使用するときはこのショートカットをタップすればパスワード入力画面になるので、パスワードの入力(もしくはTouch ID)のみでバーコードを表示することができます。

これなら、バーコード表示までの手数は3つに減ります。
1.iPhoneのロックを解除
2.LINE Payショートカットをタップ
3.パスワードを入力

使い慣れるととっても便利なLINE Pay。バーコードまでの手数を減らしてスマートに使いこなしてみてはいかがでしょうか。

© LINE Corporation

LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 370.9 MB
・バージョン: 9.1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!