Webカメラの在庫がない? iPhoneやAndroidスマホをカメラにできるアプリ『iVCam』レビュー!

iVCam』を使えば、iPhoneやAndroidスマホがWebカメラになります!

iPhoneやAndroidスマホをWebカメラにする『iVCam』


新型コロナウイルスの影響によりテレワークがすすめられていることから、市場からWebカメラの在庫がなくなる事態が起きています。

Webカメラの在庫があってもとても高いこともしばしば。この高いWebカメラを買うのはちょっと……という人におすすめのアプリがあります。

それが『iVCam』です。『iVCam』を使うと、iPhoneやAndroidスマホのカメラをWebカメラの代わりにしてPCでビデオ会議ができます。

使い方もほぼインストールするだけのため、とても簡単です。この記事では『iVCam』の使い方を紹介します。

パソコンに『iVCam』をインストールする

まずは使っている仕事用のパソコンに『iVCam』をインストールします。
『iVCam』のPC用ソフトは公式サイトからダウンロードできます。


今回はWindows OSでのインストール方法を紹介します。
ダウンロードした「iVCam_x64_v5.3.2.exe(記事執筆時点の最新版)」をダブルクリックすると、『iVCam』のセットアップを開始できます。
インストールフォルダを指定して、【次へ】をクリックします。基本的にはデフォルトで良いです。


プログラムグループを指定したあと【次へ】をクリックします。同様です。


デスクトップアイコンの作成や、起動時に実行するかどうかを決めて【次へ】をクリックします。


アプリのインストール後、Windows Defender ファイアウォールが『iVCam』の通信を許可するかどうか聞いてくるため、【アクセスを許可する】をクリックします。


『e2eSoft iVCam』のウインドウ画面が表示されたら、パソコンの準備は完了です。


iPhoneに『iVCam』をインストールする

続いてiPhoneに『iVCam』をインストールします。

『iVCam』アプリを起動すると、カメラへのアクセスの許可を求められるため、【OK】をタップします。


パソコンとiPhoneが同一ネットワーク(Wi-Fi)上にある場合、これだけで『e2eSoft iVCam』のウインドウ画面にiPhoneのカメラに写っている映像が表示されるようになります。


同一ネットワーク上にない場合は、有線ケーブルで接続するなどして『e2eSoft iVCam』に『iVCam』アプリを認識させる必要があります。


完全版を購入すると広告と透かしが非表示に

なお、『iVCam』は無料で利用できますが、無料版には以下の制限がかかります。

  • スマホの画面に広告が表示される
  • 映像に「iVCam」というロゴの透かしが表示される

ビデオ会議で利用する分にはまったく問題ありませんが、気になる方は完全版をアプリ内購入してください。


iVCam コンピュータカメラ ・販売元: Junhong Chai
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 17.1 MB
・バージョン: 5.3.2
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© e2eSoft

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!