天体イベントを調べよう! 月の位置が確認できるアプリ7選

幼少の頃、家族や友達と天体観測に行った事はありますか?一度家族と天体観測に行った時、方角を探したり、星座を探すのに苦労した覚えがあります。他にも小学校の理科の時間で月について習い、実際見てみたい。と感じた事はりませんでしょうか。月はどの方角にあるのか、知ることができるといいですよね。

その頃の思いを叶える助けになるであろう、月の位置を探すアプリを今回はご紹介します。

おすすめの天体観測アプリ7選

今回はこちらで厳選した月の位置だけではなく、天体観測に使えるアプリを7つご紹介します。ぜひ天体観測などに役立ててください。

1.「SkyView Free」月や星座の位置がわかる 

まずは、SkyView Freeをご紹介。iphone/androidで使用可能な無料アプリとなります。

スマートフォンのカメラを空にかざすと実際の風景に拡張現実(AR)を利用した、惑星や星を表示させてくれるので飽きずに見ることができるでしょう。太陽や火星など、検索すればその方角を教えてくれるので、探しやすいアプリです。

出典:AppStore / Terminal Eleven LLC

・販売元: Terminal Eleven LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量:
・バージョン: 3.6.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

2.「シンプル月齢カレンダー」 月齢をカレンダー形式で

こちらのアプリは、月の満ち欠けをカレンダー形式で教えてくれるアプリです。

iphone/android対応で無料となっており、無料と有料のバージョンがあり、課金により広告が解除されます。ウィジェット形式で次の満月はいつか、どのように見えるかなどを表示してくれ、月の上弦下弦などにも対応し、スワイプで前後の日付に飛ぶこともでき、スケジュール管理機能もあるので少し変わったカレンダーを探している人ならダウンロードしてみてもいいでしょう。

出典:AppStore / Fumihiro Takahashi

・販売元: Fumihiro Takahashi
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 天気
・容量:
・バージョン: 1.0.5
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

3.「SunSurveyor」 太陽と月の位置を予測できるアプリ

撮影したい方向にカメラを向けると、太陽や月の軌跡が表示されます。名前からすると日の出などのアプリと思われるかも知れませんが、月の位置を探すのにも役立つ事間違いなしなアプリと評判です。また、撮影場所を指定して、太陽、月の見える時間を指定して時間を把握することが可能。天体撮影などされる方にもオススメと言えるでしょう。

3D表示にも対応しているため、視覚的にもわかりやすくなっており、教育現場でもつかわれている高い評価を得ているアプリとなっています。

出典:AppStore / Adam Ratana

・販売元: Adam Ratana
・掲載時のDL価格: ¥1,220
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量:
・バージョン: 2.6.5
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

4. 「星座表」 月や星座の位置を予測するアプリ 

次に紹介するのは星座表というアプリです。

こちら、かなり昔から存在するアプリで今でもバージョンアップされており、広く使われているアプリであり設定によって、各惑星がどこにあるか、日の入り等の時間を教えてくれる等一通りの事はできるアプリで方角などもアプリ上で反映してくれる高機能なアプリとなっています。
仮に東にある西にあるといわれても、方角わかんないよという人も安心のARモードを搭載。カメラを起動して空にかざすとその方向の月や星をスマホ画面に反映、我々ユーザーに優しい仕様です。

出典:AppStore / ESCAPE VELOCITY LIMITED

・販売元: ESCAPE VELOCITY LIMITED
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量:
・バージョン: 3.98
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

5.「Moon Book(ムーンブック)」 天体観測に必要な情報を得ることができるアプリ

Moon Book(ムーンブック)は月に関する情報をわかりやすく表示するアプリです。

Moon Bookは天体観測、撮影において有用なアプリとなっており、月の出・月の入・日の出・日の入の時刻と、月齢、方角の情報を表記しているので撮影・観察のスケジュールを組み立てる上で重要な情報を得ることが可能。また月食の観測も可能で始まりや終了の時刻は日本全国同時ですが、地域によって月のかけ始める位置が変わります。
Moon Bookは現在位置での月食の様子を表示可能となっており月食表示モード時には観測位置を設定できますので、遠隔地に観測に行く時など予め欠け始めの位置を知ることが可能。
また、月食モード時には画面左上の月の画像をタップすることにより、月食の状況を時間を追ってサムネイル表示してくれ、変化を観察することが出来るので、見ているだけでも楽しいアプリです。そして、そのサムネイルの時間間隔を変更することも可能な仕様となっています。

出典:AppStore / Vixen Co., Ltd.

・販売元: Vixen Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量:
・バージョン: 2.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

6.「日の出 日の入りマピオン」月の出 月の入り時間と方角を知るアプリ!無料で便利な秀逸アプリ

こちら、アプリ名でほぼ、機能を網羅しているため、わかりやすくなっているアプリです。

日の出、日の入り 月の出 月の入りの時間や方角を知れるアプリですが、こちらの特徴は、タイトルに入っている通り地図情報が大手の「マピオン」の提供となっています。なので地図の好みで選ぶと良いでしょう。こちらも有料版で広告を外す事ができます。

出典:AppStore / ONE COMPATH CO., LTD.

・販売元: ONE COMPATH CO., LTD.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量:
・バージョン: 2.7.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

7.「太陽と月 3D」  空にかざして星や月の位置を知るアプリ

空にスマホをかざし、位置情報で、太陽や月を探すアプリ。カメラ機能で画面上にAR表示してくれます。

また、見えない時間帯でも簡単に惑星を探したり、月食等の珍しい現象も反映。共有ボタンで友達と太陽や月の情報をシェアすることができるアプリです。年月日の入力で指定した日時の惑星位置情報をアプリに表示。カメラで方向を合わせる事も可能となっています。なお、こちらのアプリはiphone/ipad専用androideはリリースされておりません。

出典:AppStore / Henning Poulsen

・販売元: Henning Poulsen
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 天気
・容量:
・バージョン: 6.0.2
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

豊富に種類のある天体観測アプリ

天体観測アプリは非常に豊富に種類があります。地図が違ったり、表示形式、AR表示に対応など、きっと使用用途を満たしてくれるアプリが見つかるはずです。ダウンロードして天体観測にでかけてみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!