音声入力、翻訳、検索の3つの機能を兼ね備えたスマートマウスがMayumiから登場。

スマホに向かって話しかけるだけで検索したり、アプリを呼び出すことができる音声機能。最近ではAlexa(アレクサ)など、家電の操作までもが音声で操作ができる時代となってきました。

そんな中、音声入力、翻訳、検索の3つの機能を持つマウスがMayumiから登場。議事録や英文でのメール作成などに使える、便利アイテムとして要注目です!


Mayumiとは?

Mayumiとは?


2018年に初代Mayumiが誕生。「この一台で世界中のどこにでも行ける」がテーマの次世代AI翻訳機です。そこからさらに改良を加え2代目、3代目が登場。他にも、対面での外国人との会話が自動で翻訳されるMayumi Bizなんてものも発売されました。

そんな翻訳機で実績のあるMayumiから発売されるマウスとなれば、期待が高まりますね。

ボタンを押しながら話すだけでOK

Mayumiの操作は基本的にボタンを押しながら話すだけ。音声入力を使いたいときは、本体中央のボタンを使用します。Siriや「OK Google」でお馴染みのGoogleアシスタントをイメージしてもらうとわかりやすいもしれません。

タイピングが苦手な方やビデオ会議での議事録にかなり便利。ボタンを押しながら話すだけで、PC画面に文字が入力されていきます。

ボタンを押しながら話すだけでOK


翻訳機能もお手軽に

翻訳機能を使いたいときは、サイドに配置された2つのボタンの上側を使用します。こちらも音声入力の時と同様に、ボタンを押しながら話すだけでOK。

英文での文章の作成や、海外の方とのチャットには重宝します。翻訳可能言語数は驚異の112か国語に対応。これだけ多くの言語に対応してくれるのは頼もしいですよね!

翻訳機能もお手軽に


音声でWeb検索してみよう

3つ目の検索機能を使う場合は、サイド下側のボタンを使用。天気予報や株価などをお手軽に調べることができます。最近ではPCを使って、リモートで勉強するお子さんも増えてきました。そんなときに便利なのが音声検索。アルファベット入力ができないお子さんでも、簡単に調べ事ができるようになります。タイピングができない方でもPCを使いこなせる、魔法のマウスといったところでしょうか。

音声でWeb検索してみよう


翻訳したい部分を選択できる

長文の中からでも、翻訳したい部分だけを選択できる範囲指定翻訳機能も搭載。英文のメールを読んでいて、わからない部分だけを翻訳できるのは効率的。

音声翻訳だけでなく、文章を翻訳することにもしっかり対応。翻訳機で評価を得ているMayumiならではの発想だと言えます。

翻訳したい部分を選択できる


カスタム設定を使いこなそう

音声コマンドを設定すると、そのコマンドを発声するだけでよく使うアプリケーション、ファイル、 ウェブページを呼び出せます。

例えば、毎朝読んでいるニュースサイトをニュースのコマンドで登録すれば、「ニュース!」と話しかけるだけでニュースサイトがPC画面に。ぜひカスタム機能を使いこなして、自分にとって便利なPCに仕上げてみてください!

カスタム設定を使いこなそう


さまざまなシーンで活躍

ビジネスはもちろん、家庭でも活躍してくれるスマートマウス。タイピングが苦手な方や、多言語でやり取りする方、オンライン会議の議事録にはかなりオススメです。このマウスとPCさえあれば、世界中の人と繋がれる可能性も…。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

■Mayumiスマートマウスの詳細はこちら
Amazon
楽天市場

(文:たむり)
(編集:momozow)

画像はAmazonより

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!