コンパクトなミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」が予約開始!

SNSが広く普及し、『フォトジェニック』『映え』を求めて生活する人も少なくないですよね。かくいう私も、昨年はよく写真を撮っていました。

みなさんも手軽に綺麗な写真をシェアしたいと思ったことがありますよね?ちゃんとしたカメラが欲しい!けど難しそう……

そんな方にオススメのエントリーモデルのミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」が登場したので紹介します!


「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」


ミラーレス一眼カメラメーカーであるオリンパス株式会社が、「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠のミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」を2020年9月18日から発売することを発表しました。

小型・軽量ボディーに、5軸手ぶれ補正、セルフィーにも最適な可動式液晶モニターなど、手軽に本格的な撮影ができる機種になっています。
それでは、主な特徴を見ていきましょう!

小型軽量のお手軽ボディー

前機種であるOM-D E-M10 Mark Ⅲよりもさらに軽量になり、標準ズームレンズと組み合わせても約476g。500mlのペットボトル1本より軽くなりました。

※標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と組み合わせて(CIPA規格準拠 付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)の重さ

また、明るい屋外や逆光時には必須の電子ビューファインダーやしっかりと握ることができるグリップを採用。優れた携帯性と快適な操作性が両立されています。

さらに、この小さいサイズで最大4.5段分のボディー内5軸手ぶれ補正や2000万画素のイメージセンサーを搭載。比較的ラフに撮影することができるので、気軽な撮影や思い出の記録にうってつけです。

小型軽量のお手軽ボディー


セルフィーに最適な可動式モニター

最高約15コマ/秒の高速連写や、動く被写体へピントを合わせ続けるC-AF、横顔・うつむいた顔でもピントが合う「顔優先/瞳優先AF」、4K動画切り出しなど、一瞬のシャッターチャンスを逃さない機能が盛り沢山です。

また、OM-Dシリーズで初めて採用した下開きの可動式液晶モニターにより、セルフィーをタッチ操作で快適に楽しめます。ハイアングル・ローアングルにも対応できるので快適に撮影できそうです。

充実の撮影機能はもちろん、セルフィーに最適な可動式液晶モニターも搭載しています。
下開きのモニターの残念なポイントは、三脚を立ててモニターを向けることができない点。しかし、ボディーがとても軽いので手持ちの自撮り撮影には問題なさそうですね。

セルフィーに最適な可動式モニター


写真が楽しくなる

カメラ本体にWi-Fi / Bluetooth®を搭載。専用スマートフォンアプリ「OI.Share」で、撮影した写真や動画をすぐにスマートフォンへ転送できます。
撮影した写真をすぐにSNSなどでシェアできるのは、便利で嬉しいですね。

さらに、このアプリは「フォトガイド」で撮影方法や撮影テクニックが学ぶことができます。基礎からスキルアップできるコンテンツを新たに追加していて、一眼カメラを初めて使用する人も安心。一眼カメラの敷居が低くなり、誰でも簡単に使えるのは嬉しいですね。

写真が楽しくなる


どこでも気軽に楽しめる

今回は、コンパクトなミラーレス一眼カメラOLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」を紹介してきました。手軽に持ち出せるサイズでありながらも、本格的な撮影ができる素敵なカメラに仕上がっていると思います!可動式の液晶モニターと軽いボディとが相まってセルフィー撮影にも最適です。

お出かけの際には、いつでも持ち出してSNSでシェアしたいですね。早く気軽にお出かけできる世の中になって欲しいものです。
本製品は公式オンラインショップなどで予約受付中なので、気になった方は、詳細をチェックしてみてくださいね!

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」の詳細はこちら→「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」

(文:一之瀬しの。)
(編集:momozow)

画像はPR TIMESより

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!