そろそろ買い替えたい方も!iPhoneXSケースのおすすめ15選!

大人気スマホであるiPhone。高価な端末は綺麗な状態で使い続けたいですよね。そんなあなたにオススメなのがiPhoneケース!落下時の衝撃を吸収したり、傷から端末を保護するなど大切なiPhoneをしっかりと保護してくれます。

しかしiPhoneケースには沢山の種類があり、どれを選べばいいか悩むという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事ではiPhoneケース選びのポイントとおすすめ商品15選をお届け!あなたに合ったケースがきっと選べます!


iPhoneケースを選ぶポイントは?

iPhoneケースを選ぶポイントは?


出典:Spigen

日常で無くてはならないiPhone。日々使う物だからこそ綺麗なまま使い続けたいですよね。そんな時に便利なのがiPhoneケースです。スレや傷からiPhoneを保護してくれますよ!その中でも、端末保護を最優先にした保護ケースから、デザインを重視したオシャレな商品まで様々。

今回の記事ではiPhoneケースの機能や選ぶポイントをご紹介するので、あなたの目的に合ったケースが見つかるはず!筆者おすすめのiPhoneケース15選も紹介しているので、購入の参考にしてみてくださいね。

iPhoneケースの素材

iPhoneケースの手触りや質感を左右するのが、iPhoneケースの素材。硬い素材から柔らかい素材まで種類は様々で、それぞれにメリットデメリットがあります。

多くの場合ケースのスペック欄に表示があるので要チェック。買ってみたらイメージと違ったとならないよう、この項目では素材の特徴と向き不向きを解説します。

iPhoneケースの素材


出典:Spigen

シリコン素材

ゴムのように柔らかくiPhoneによくフィットする素材。弾力があるため、衝撃や傷をしっかりと受け止めてくれます。素材の中でも柔らかいので持った時のグリップ感も良く、持ちやすくなっています。ケースを着脱する時にiPhoneを傷つける心配がない事も特徴で、様々なデザインのケースを気分で付け替えたいという方にもおすすめな素材。

デメリットとしては、埃や糸くずなどが付きやすいので定期的に拭くなど手入れが必要なこと。また、長期間使用すると傷んでしまい、裂けやベタつくこともあります。定期的に買い替えが必要な素材になっていますね。

ポリカーボネート素材

ポリカーボネート素材はPC素材とも呼ばれ、熱に強く、ガラスよりも固い高硬度が特徴。ガラスよりも200倍から250倍ほど硬度が高く、衝撃からiPhoneを保護してくれます。

透明度が高いこともメリットの一つ。ポリカーボネート素材の透明度は約80%、ガラスの透明度が約90%と言われているのでかなりクリアに見える素材で、加工もしやすい素材なのでデザインも豊富です。

デメリットは、太陽光に長く照らされると変色してしまう事。落とした際にケース自体が硬い為、割れやすいなどがあります。

TPU素材

TPU素材は、熱可塑性(ねつかそせい)ポリウレタンというプラスチックの一種。ポリカーボネート素材よりも柔らかく、シリコンよりも固い中間のような素材になっています。

柔軟性があるので、しっかりと衝撃を吸収する破損しにくい素材です。軽くて薄いこともメリットで、iPhone本来の軽さを失いたくないという方にもオススメ!ポリカーボネート素材と同じで透明度も高いです。デメリットとしては、熱に弱いこと。高音のドライヤーなどに当てておくと変形してしまう恐れもありますので、熱の高くなる場所には置かないようにしましょう!

PUレザー

PUレザーはポリウレタンを使用した革に見た目が似ている素材。衝撃吸収性があるので、iPhoneをしっかりと保護してくれます。本物の革とは異なり水に強いので、様々なところで使用するiPhoneケースと相性のいい素材。価格は安価で、プラスチックより高級感があります。

デメリットは劣化の速さ。安価な価格帯のものでは1~2年でポロポロと一部が剥がれてしまうものもあるので、定期的に買い替えが必要ですね。

iPhoneケースの形状は?

iPhoneケースには色々な形状があり、それぞれに特徴があります。iPhoneの背面と角を保護するシンプルタイプや、パタパタと開閉して使用する手帳型など。使い勝手に影響してくるので要確認な項目!

それぞれの形状のメリットデメリットを解説するので、どのようにケースを使用するかを想像しながら読んでみてください!

iPhoneケースの形状は?


出典:Spigen

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!