今流行のテラスBBQをお手軽に! カセット式本格鉄板焼き「TEP-PAN5.0」

休日に外で友人や家族と陽の光や穏やかな風を感じながら食べたり飲んだりすると「ゆっくりとした時間」を過ごせますよね。気分が癒されて「明日からまたがんばるぞー!」って思えます。でも場所の予約や道具などの準備、移動の手間を考えると「億劫だなぁ。」と感じることも…。

そんなとき、カセットコンロさえあれば、おうちのどこでも鉄板焼きを楽しめるのが、「TEP-PAN5.0」です。


カセットコンロが熱源

カセットコンロが熱源


家庭で鉄板焼きをするならホットプレートが手軽ですが、使用するためには電源を用意しなければならないので庭やベランダでの使用は延長コードの用意がちょっと面倒かもしれません。

ならば炭火焼き!と思っても火起こしやひの後始末を考えるとホットプレート以上に手間がかかりますし、住宅街にお住まいの場合炭火の煙は近隣住民の方々の迷惑にもなりかねません。

しかし、TEP-PAN5.0なら、カセットコンロさえ用意すれば電源の有無を気にせず 「どこでも」、炭火のような火起こしは不要なので 「すぐに」、鉄板焼きが始められます!後片付けも鉄板を洗うだけなのでラクラクです。

ダイニングで本格鉄板焼き

もちろん、屋外だけでなく屋内でもご利用いただくことが可能です。皆で鉄板焼きを楽しもうと思っいたのに急な大雨に遭ってしまったときにも、TEP-PAN5.0があればすぐに屋内でのホームパーティーに切り替えるなんてこともできます。

ダイニングで本格鉄板焼き


本格的な高火力

お好み焼専門店、餃子専門店など鉄板での「焼き」にこだわる専門店では共通して極厚鉄板を使用しています。

TEP-PAN5.0には家庭では出せない専門店の味を支える鉄板と同じ5mmの極厚鉄板を使用されているので食材にムラなくしっかりとねつを加えることができ、ご家庭で“強火で旨みを閉じ込めた” ような調理が可能です。

本格的な高火力


ステーキもバッチリ

カセットコンロに鉄板を直接載せる場合、必然的に鉄板のサイズは五徳に載るサイズとなります。安定性を考えるとあまり大きくはできないでしょう。大きくて厚いお肉が載らないかもしれないと考えると、せっかくの鉄板焼きの醍醐味が半減してしまいます。

そこでTEP-PAN5.0は、鉄板を丈夫なステンレス製の専用ラックに載せる仕様としました。こうすることで鉄板は常に安定し、カセットコンロのサイズとは関係なく大きな焼き面を得ることができます。

ステーキもバッチリ


使いやすいステンレスラック

TEP-PAN5.0はステンレスラックの中段にカセットコンロを置き、上段に鉄板を置いてご使用頂きます。ステンレス製ラックの天板部分は、熱くなった鉄板に触れない為のガードです。

また、ステンレスワイヤーを使用することで、熱気がこもらず空気中に分散するためにラック自体が熱くなることもなく安心してお使いいただくことができます。また、ステンレス製ラックの天板部分は、お皿やツールを置いたりできるちょっとしたスペースにも。

使いやすいステンレスラック


お家で本格鉄板調理を!

従来の家庭用ホットプレートでは、薄いために肉や野菜を入れると温度が下がってしまい火力が足りず、専門店のような味を出すのは難しかったのですが、このTEP-PAN5.0の極厚鉄板なら専門店のような本格的な鉄板焼きを味わうことができます。

準備・片付けが簡単なだけでなく味にも拘れる「TEP-PAN5.0」が気になった方はぜひチェックしてみてください!

TEP-PAN5.0の詳細はこちら→TEP-PAN5.0

(文 :スギモン)
(編集:momozow)

画像はCAMPFIREより

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!