【実機レビュー】2億円以上を集めたポータブル電源「RIVER 600 MAX」を使ってみた!

近年、地震や洪水などが頻発する中で、我々一人一人が天災に対してどのように対策していくかがとても重要になってきています。そこで今回は、そんな災害対策として注目を集めているポータブル電源をご紹介します。

国内大手クラウドファンディングサイトMakuakeにて、プロジェクト終了1ヶ月を残し、既に2億円以上の支援を集めているポータブル電源「RIVER 600 シリーズ」を実際にお借りすることができましたので、使い心地をお伝えしたいと思います!

大注目を集めているポータブル電源RIVERシリーズ


はじめまして、ばぶたです。

RIVER 600 シリーズは、クラウドファンディングでポータブル電源第一弾を1億円以上、第二弾で2億8000万円以上の資金調達に成功している『EcoFlow Technology』がリリースするポータブル電源の第三弾目です。

「RIVER 600」「RIVER 600 MAX」「RIVER 600 PRO」「RIVER 600 PRO + エクストラバッテリー」の全4種あり、今回はミドルクラス576Whの「RIVER 600 MAX」を使っていきますので、早速見ていきましょう!

開封の儀

中身はこんな感じ!

説明書という説明書は付いておらず、コード類が入っていた黒い箱の後ろ面が簡易的なガイドになっていました。


思ってたよりもコンパクトな印象。400mlの缶コーヒーと背丈はほぼ同じといったところです。


ぬかりない出力ポート数

正面にはUSB-A出力ポートが3つ(1つは急速充電対応)、その隣にUSB-C出力ポートが1つあります。


横へ行くとACアダプターの出力ポートが3つもあり、本機の力強さを改めて感じました。


使用感はいかほど?

それではせっかくなので外に持ち出して使用してみたいと思います。レッツゴー!

っと言うことで屋外にやってきました。ちなみにここまで来るのにエレベーターや階段を使いましたが、簡単に運ぶことができましたよ!

こんな場所でもPC、タブレット、モバイルバッテリーが余裕で同時充電できちゃいました。仕事の気分転換にこれ持って、毎回ここで仕事をするのも良いななんて(笑)


私自身、初めてポータブル電源というものを使用しましたが、めちゃめちゃ使い心地が良かったです!使用前に1時間ほど本機を充電しましたが、それでいて3つのデバイスを2時間弱余裕で充電することができました。本機の充電時間が短く済むのはとても助かります!

次なる天災に備えて、みなさんもこの機会にポータブル充電器を購入してみてはいかがでしょうか。備えあれば患いなしですよ!気になる方は是非チェックしてみて下さい。

「RIVER 600 MAX」の詳細はこちら→ RIVER 600 シリーズ

【この記事のカテゴリー】テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!