『MacBook Air』のM1チップに性能の違い。廉価モデルのみ7コアGPU

同じM1チップでも性能が異なります。

256GBモデルは7コアGPU、512GBモデルは8コアGPU


本日11月11日に発表された新型『MacBook Air』とM1チップ。「同じM1チップだからストレージとメモリを選ぶだけ」と思った人も多いでしょうが、『MacBook Air』では同じM1チップでも性能が異なります。

『MacBook Air』では、256GBモデル(104,800円)が「8コアCPUと7コアGPUを搭載したApple M1チップ」なのに対し、512GBモデル(129,800円)は「8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ」とGPUのコア数に差があります。

つまり長く使いたい人が買うべきは512GBモデルです。

『MacBook Pro』にも性能差?

『MacBook Air』と『MacBook Pro』の見た目のスペックが同じため「Airいいじゃん」と考えてしまいそうですが、上記の例のように詳細なスペックは異なる可能性があります。

先行レビューが出てくるまで、購入はしばらく待った方が良いかもしれません。

※画像は「apple」より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!