【常時点灯で1ヶ月駆動】Xiaomiのスマートウォッチ『Amazfit Neo』が日本発売!レトロな”カシオ風”デザインが魅力的

Xiaomiのグループ会社Huamiのスマートウォッチ「Amazfit Neo」が日本発売されました。


最大「37日連続使用」が可能なAmazfit Neo

Amazfit Neoは”Neo”という名前とは裏腹に、レトロなデザインが特徴のスマートウォッチです。

ディスプレイは白黒で、日光下でも見やすいSTNディスプレイを採用。電力効率も良いため、デジタルウォッチには最適です。

白黒のディスプレイも相まって”カシオ”のデジタル腕時計を思わせるようなデザインですが、しっかりとスマートウォッチらしい機能も多数搭載しています。

主な特徴は以下の通り。

  • 加速度センサー、BioTracker™ PPG 生体追跡光学心拍数センサーを搭載
  • Android 5.0またはiOS 10.0以上に対応
  • 5ATM防水に対応
  • 独自の健康評価システム「PAI」に対応



通知機能ももちろん搭載。ただしメッセージの件数は表示されるものの、内容の表示は出来ないと海外でレビューされています。

そしてバッテリー持ちは最大37日間と驚異的です。さらに、常時点灯オンの状態でも28日間の使用が可能。スマートウォッチとしては最長クラスの電池持ちを誇ります。

価格はAmazonで7,980円から!

販売はアースリボーン株式会社から行われ、価格はAmazonで7,980円から。スマートウォッチとしては格安の部類です。

購入はこちら!

Amazfit Neo – Amazon



そして、すでに海外で発売が発表されていた「Amazfit GTR 2」。こちらの日本発売も近づいているようです、、、!続報をお楽しみに!

<関連記事>
超スタイリッシュなスマートウォッチ『Amazfit GTR 2』『GTS 2』が発表【約1.5万円から】

画像はHuamiより

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!