【まるでサングラス】超薄型ARグラス『Oppo AR Glass 2021』が発表!ARマップアプリも登場

Oppoの超薄型ARグラス「Oppo AR Glass 2021」が発表されました。


超薄型!75%の軽量化にも成功したARグラス「Oppo AR Glass 2021」

Oppoは日本展開もしているスマホメーカーで、前年もOppo AR Glass 2020というモデルを発売していました。

前年モデルはヘッドマウント型でしたが、今回のモデル「Oppo AR Glass 2021」はサングラスのようなスマートなデザインに変更されています。

それにともない本体も75%の大幅軽量化に成功。より手軽な印象になりました。

Oppo AR Glass 2021は単体で動くのではなく、Oppo製の対応スマートフォンとケーブルで接続して利用することが出来ます。

本体には有機ELディスプレイとセンサーが搭載されています。ARグラスをかけることで「3メートル先に90インチのディスプレイ」があるような体験が出来るとのことです。

本体のセンサーで、手の21箇所を認識しジェスチャー操作も可能です。

ARナビゲーションアプリ「Oppo CyberReal」も登場!

さらにOppoはARマップアプリ「Oppo CyberReal」も発表しています。

このアプリは、スマートフォンをかざすことでスマホ越しに案内が見れるというもの。Oppoのクラウド技術を生かし、既存のアプリより正確なナビゲート・高精度な案内表示が出来るとのことです。

Oppoは今後もAR技術の開発を促進していくと発表しています。年々進化が見られるOppoの今後が楽しみです!

画像はOppoより

ガジェット
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!