1袋で3つの食感が楽しめる「○△□グミ」って知ってる!? 商品名がない斬新なパッケージにも注目!!

先日セブンイレブンで、とても気になる新作グミを発見しました。正確にお伝えすると、グミコーナーに置いてあった“グミらしきもの”ということになります。なぜそんな曖昧な表現になっているかというと、パッケージには商品名も味の説明もないんです! もう「なんだこれ」状態!

雑貨のようなパッケージがインパクト大


12月1日より、全国のコンビニ限定で発売されている「カンロ ○△□グミ グレープ」。1袋で3種類の異なる食感が楽しめるという「食感エンターテイメントグミ」なんだとか。一見グミとは思えない可愛らしいパッケージがパッと目を引きます。肝心な商品名も味の説明もないシンプルなデザインは、このまま入浴剤やリップクリームが入ってバラエティショップに並んでいそうなイメージですよね。実はこれ、世界的有名デザイナーの佐藤オオキさん率いる「デザインオフィスnendo」とコラボした商品なんです。

え、そっち!? 袋を開ける向きも斬新

サイドフック型のパッケージになっていて、縦方向にジッパーが付いています。しかも自立式。


横方向に開けた時より間口が広くなるので、とても取り出しやすい! 食べる前から色々と常識をぶち破ってくる○△□グミ、恐るべし。


中身を出してみると商品名の通り、マル、サンカク、シカク、の形が入っていました。この形がパッケージデザインにも採用されています。


マル型はふんわり食感、サンカク型はさくもち食感、シカク型はかちっと食感になっているとか。早速食べ比べてみましょう。


筆者のお気に入りはサンカク! 食感が選べるって楽しい♪

マル型(ふわ)

他の2種類と明らかに色味が異なるマル。指でつまんでみると本当にふわふわで、硬めのマシュマロを触っているかのよう。ついニギニギしたくなります。空気を含んだような軽やかな食感はまさに新感覚。



サンカク型(もち)

3種類の中で、最も食感のイメージが湧かなかったサンカク。実際に食べてみると、懐かしのゼリー菓子を彷彿とさせるようなさっくり&もっちり感。グレープのジューシーな味わいが、一番ダイレクトに楽しめました。


シカク型(かち)

柔らかめだったこれまでの2種類と打って変わって、シカクはかなり硬め。小さな1粒を飲み込むまでに、相当な咀嚼が必要です。今では何種類も販売されているハード系グミですが、それらと同等、もしくは上回るレベルの噛み応えが楽しめます。


味は3種類とも同じグレープ味ですが、形や食感によって全く感じ方が変わるのもまた面白いです。周りにはパウダーがまぶされていますが、さほど酸味は感じません。グレープの優しい甘さが楽しめるグミになっています。


思わずパケ買いしてしまった「○△□グミ」。従来のイメージを覆し、新しいグミの世界を教えてくれました。

1袋で色々な味が楽しめるアソートグミはよく見かけますが、異なる食感が楽しめるグミというのはやはり珍しいですよね。その時の気分に合わせて、マル、サンカク、シカクを選べるワクワク感は、まさにエンターテイメントでしたよ♪

販売者:カンロ
メニュー:カンロ ○△□グミ グレープ
価格:216円(税込)
公式サイト:〇△□グミグレープ | カンロ株式会社

(文・写真 3suke)(編集:かーこ)

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

■特集「アレンジレシピ」

ちょっとしたアレンジでいつもと違うおいしさを!アレンジレシピ特集はこちらのページで随時更新中♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!