持運び楽々で仕事効率爆UP!超軽量薄型モニター「Quintokuta 5Z133」

商談やちょっとした会議の際、もう一つ独立のモニターがあったらいいのにな……そう思ったことはありませんか?
私はあります、ええ。ポーレート撮影の際にモニター用にあったらいいなぁなんて思ったりします。

今回はそんな悩みを解決してくれる、持運び楽々な超軽量薄型モニター「Quintokuta 5Z133」をご紹介します!

「Quintokuta 5Z133」

 
「Quintokuta 5Z133」は13.3inchで334gの超軽量・超薄型でありながら、フルハイビジョンHDR対応の高画質ディスプレイ。サブディスプレイとして作業効率をアップできるほか、商談の際には相手に同じ画面を見せるのに便利です。そのほかの特徴も性能と共にみていきましょう!

なんといっても超軽量

まずはなんといっても、持ち運び楽々の超軽量334gというところに驚きです。それでいながらディスプレイサイズは13.3inchの大画面。また光沢IPS液晶を採用し、描写もしっかり高画質を実現しています!

 

給電も接続もUSB-C一本で

「Quintokuta 5Z133」は、ケーブル一本で電源供給と映像出力の両方が可能。デスクトップ出力モードに対応したAndroidスマートフォンもUSB Type-Cケーブル1本で簡易ノートPCのように使用できます。iPhoneとは接続アダプタを利用してミラーリングモードで接続が可能です。ケーブルがごちゃごちゃしないで済むので嬉しい仕様ですね。
また、USB Type-Cに対応していないゲーム機等と接続する場合はHDMIにて接続が可能です。その場合は別途USB給電をする必要があります。


 

実用性とデザイン性の両立

ボディの外装と専用ケースには、軽くて高強度のコンポジット素材(複合素材)を採用。実用性とデザイン性を兼ね備え、機器を傷から守りつつ、カーボンファイバー調の織目模様は高級感を漂わせています。



多様なインターフェース

「Quintokuta 5Z133」は、USB Type-Cの他、様々なインターフェースに対応しています。
  HDMI-mini HDMI:USB Type-C未対応の機器との接続時に使用。
  フル機能USB typeC:USB Type-C対応の機器との接続時に使用。これ一本で電源も取ることが可能。
  電源用USB typeC:HDMI接続する際の電源供給用に使用。
  イヤホンジャック:イヤホンを接続。
  ダイヤルホイール:音量調節や色合いの調節などを行う際に使用。
  Power/Return Button:電源と設定時に前に戻る際に使用。

製品仕様

 本体サイズ:302x181x3.7-8.4mm
 スクリーンサイズ:13.3inch
 アスペクト比:16:9
 画素数:1920×1080
 色域:1670万色
詳しくは公式ページを参照ください。

まとめ

今回は、持運び楽々な超軽量薄型モニター「Quintokuta 5Z133」を紹介してきました。ノートパソコンと一緒に持ち歩くのはもちろん、スマートフォンと繋いでお出かけにも便利そうなアイテムですね。私はカメラと繋いで撮影のモニターとして使ってみたいです!

この製品は2021年01月17日までMakuakeにて先行予約販売を受付中です。早期予約割引もあるようなので気になった方は、お早めにチェックしてみてください!

「Quintokuta 5Z133」の詳細はこちら→仕事効率爆UP!持運び楽々 超軽量薄型モニターQuintokuta 5Z133

(文:一之瀬しの。)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!