【実機レビュー】フルカラー対応で自由度の高いモバイルハンディプリンター「Pekoko Ravo」

近年はモバイルプリンターなど、小さいタイプのプリンターが普及していますよね。そんな中でもハンディタイプのプリンターの手軽さと言ったらひとつくらい持っておいてもいいかな……と思わせてくれるほどの充実ぶりです。
今回は、フルカラー対応で自由度の高いモバイルハンディプリンター「Pekoko Ravo」をお借りできたので実際に使っていきたいと思います!

「Pekoko Ravo」

 
「Pekoko Ravo」とは、従来のプリンターでは難しかった自由度の高いプリントが可能なモバイルハンディプリンターです。バーコードや住所、よく使う定型文などをサクッと印刷できるので、時短アイテムとしても便利なアイテムとなっています。

開封

開けてみると、本体とインクカートリッジ、充電等のUSBがはいっています。カートリッジは一つだけですが、この大きさで三色入っていてフルカラー印刷にも対応しているようです。またHP社のインクを使っているようなので品質面も安心して使うことができます。
セッティングも至って簡単で、カートリッジを本体にカチッと押し込んで蓋を閉めるだけ。複雑な仕組みもなく簡単に使えそうです。

簡単接続

「Pekoko Ravo」のプリントは専用アプリを使用。アプリ画面でプリントしたいものを決めて、転送ボタンを押すとすぐに本体にデータが転送されます。

その後は本体上部の印刷ボタンを押して横にスライドするだけで印刷が可能です。
とっても簡単な仕組みなので、機械が苦手な人でも十分に扱うことができそうですね。

 

直感的操作

使用する専用アプリは日本語に対応。さらにフルカラーでの印刷に対応しています。しっかりとしたサポートの下、文字の入力だけでなくフォントを変えたり、色を変えたりすることが可能です。さらに、ライン線での装飾や画像など様々なものをプリントできるのは嬉しいですね。



まとめ

今回は、自由度の高いプリントが可能なモバイルハンディプリンター「Pekoko Ravo」を紹介してきました。日本語対応の専用のアプリにより精度の高いプリントが可能で、テンプレートデータとして保存が可能なので、ちょっとした印刷にもってこいです。
「Pekoko Ravo」は2020年12月30日までMakuakeにて先行予約販売を受付中です。早期予約割引もあるようなので気になった方は、お早めにチェックしてみてください!

「Pekoko Ravo」の詳細はこちら→自分好みのプリントを色んなところに! モバイルプリンター Pekoko Ravo

(文:一之瀬しの。)

ガジェット
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!