Xiaomiが”遠隔充電”技術『Mi Air Charge』を発表。近くにいるだけで充電される!?

世界シェア3位を誇るスマホメーカーXiaomiから、次世代充電技術「Mi Air Charge」が発表されました。

近くにいるだけで最大5Wで充電可能な「Mi Air Charge」

今回発表されたのは「Remote Charge(遠隔充電)」技術。一般的なワイヤレス充電(Qiなど)とは違い、充電部分と離れていても充電が可能です。

今回Xiaomiが発表した「Mi Air Charge」は5Wの出力で複数の機器を充電出来ます。有効な距離は広く「部屋に入った瞬間に充電が開始される」そうです。

電力を送信する側(充電器)には144機のアンテナが設置されており、ビームフォーミングによって端末に電力を送る仕組みです。電力を受け取る側(スマホなど)にも14機のミニアンテナが必要だそうで、こちらは現在開発とのこと。

実用にはまだまだ遠い?今後に期待

今回発表された技術はあくまで開発中のもの。少なくとも年内に商品化されることはないそうです。

映像を見る限りでは、Mi Air充電器はまだかなり大型。出力も5Wとかなり低いので、まだ実用には遠いように感じます。

Xiaomi以外でも遠隔充電技術を開発しているメーカーは多いですが、実用的な商品はまだ表れていません。健康への影響度合いなども含めて、今後の開発が気になりますね。

画像はXiaomi

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!