手作り史上一番簡単!? もらった人が完成させるオレオスイーツがバレンタインやホワイトデーにぴったり♪ #アレンジレシピ

ちょっと手作り感のあるお菓子をあげたいなと思っている方。具材を挟むだけなのに“映える”手作りスイーツを発見しました。その名も「オレオdeスモア」。オレオを使った手作りスイーツって、どれも手が込んでいて、不器用な人間には到底無理…とあきらめがちですが、オレオdeスモアは裏切りません。メモをとる必要もないほど簡単! 早速ご紹介します。

できたてを楽しんでもらおう♪


材料(1個分)
・オレオクッキー…1枚
・マシュマロ…3個
・板チョコレート…1片(5g)

みなさんのご想像通り、オレオにマシュマロと板チョコを挟むだけ。ラッピングする際は、この状態で袋に入れればOK。でもスモアというからには、チョコとマシュマロがとろけてないとダメですよね?じゃあどうするのかというと、もらった人がトーストして完成させるんです! アツアツの状態で楽しめるので、プレゼントされた人も嬉しいですよね。


“クリームを溶かして接着”が唯一のポイント

早速作ってみましょう。まずオレオクッキーを少し回転させながらはがします…と公式レシピにあるんですが、これがなかなかはがれない! 最終的に筆者は、包丁を入れたり、レンチンで数秒温めてクリームを柔らかくしてからはがしました。保管していた部屋が寒かったせいでしょうか…まさか序盤で躓くとは(笑) 


クリームがついているほうのオレオクッキーを、そのままトースターで30~40秒温めて、クリームを少し溶かします。


クリームがついていないほうのオレオクッキーには、板チョコ、マシュマロを乗せます。



溶かしたほうを重ねてサンドしたら完成! 無事にはがせれば、あとは簡単です(笑)


渡す時はメッセージを添えて

「チョコがあるほうを上にして、2~3分オーブントースターであたためてね!」

ラッピングした袋にメッセージを添えれば、できたてのホットスイーツを楽しんでもらえます。


では、早速温めてみましょう(自分で食べるんかい)。チョコがあるほうを上にして、トースターで3分。

▼before


▼after


ほんのり焼き色がついてぷくっと膨らんだマシュマロ、これはテンションが上がるビジュアルです。意外だったのが、チョコがほとんどそのままの形で残っていたこと。溶けてとろとろになると思っていましたが、さっくり食感がリッチな“焼きチョコ”になっていました。これはこれで大いにアリ! オレオをザクっと頬張ると、クリーミーなマシュマロの美味しさが口いっぱいに広がります。


もっととろけるチョコが楽しみたいという方は、仕上げのレンチンがおすすめ! 数秒温めるだけで、チョコもマシュマロもとろんとろんになります。 



もらった人が最後の工程を仕上げるスイーツギフトって、とても新鮮ですよね。挟むだけの超簡単アレンジですが、加熱マジックでアッツアツな愛情を伝えることができますよ…! 

輸入者:モンデリーズ・ジャパン
メニュー:オレオ バニラクリーム
購入価格:198円(税抜)
公式サイト:作って包んで楽しい!オレオなバレンタイン!

(文・写真 3suke)
(編集:かーこ)

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

■特集「アレンジレシピ」

ちょっとしたアレンジでいつもと違うおいしさを!アレンジレシピ特集はこちらのページで随時更新中♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!