iPhone SEの「パンチホール型ディスプレイ採用」の噂が示唆する重要な変化とは?

2022年に発表されると噂の、「iPhone SE(第3世代)」についての新しいリークが登場しています。


* Source:@DSCCRoss via:MacRumor

2022年のiPhone SE(第3世代)は外観に大きな変化なし?

ディスプレイ業界について詳しいロス・ヤング氏が、2022年に登場するとされているiPhone SE(第3世代)についてTwitterに投稿しました。それによると、iPhone SE(第3世代)は現行の第2世代と同じ「4.7インチ液晶ディスプレイ」を搭載し、5G通信に対応する可能性があるとのこと。

2023年にはパンチホール型ディスプレイを搭載するかも?

一方で、2023年のモデルには6.1インチの「パンチホール型ディスプレイ」を採用するという噂があるそう。なお、こちらも有機ELではなく液晶を採用しているとのこと。パンチホール型ディスプレイは近年多くのAndroidスマホに採用されているデザインで、ノッチよりも画面の表示領域が広いのが特徴です。

また、著名アナリストのミンチー・クオ氏は以前、「次期iPhone SEのTouch IDは側面に搭載される」と述べていましたが、先の噂とあわせて考えると、これについては「2023年モデル」から採用される可能性が高そうです。全画面ディスプレイを搭載すると、従来のように画面下部の「Touch ID」をホームボタンに搭載することは不可能。同時に、「Face ID」は複数のセンサーを利用するため、パンチホール型のシングルカメラでは実現できません。こうなれば、指紋認証センサーが側面に搭載されると考えるのが自然。あるいは、画面埋め込み式の指紋認証の可能性もありますが、側面「Touch ID」は「iPad Air」での採用実績があるだけに、「iPhone SE」にも採用される可能性もあるでしょう。

iPhone SE(第3世代)のデザインが変わらないとしたらちょっと残念ですが、2023年モデル大幅なアップデートに期待です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!