【モンハンライズ】えっ木彫りのクマが!? 現物もほしくなるハイクオリティな鑑賞アイテム

手記帳を集めて木彫りの置物を手に入れよう!!

 

全国のマカ錬金に翻弄されているハンターのみなさん、『モンスターハンターライズ』ライフをいかがお過ごしですか。

のんびり里クエストを巡回したり、シリーズおなじみ勲章集めに勤しんだりと、いろいろなスタイルで日々をエンジョイしているハンターも多いよね。

そんな中、フリーライター・深津庵が目をつけたのは今作オリジ内のコレクション要素“木彫りの置物集め”だ。

好奇心を掻き立てるドキドキのフィールドワークを始めよう!!

全10種類ある木彫りの置物を集めよう

各エリアに点在する先人の遺物を探せ

今作には各フィールドに“先人の遺物”という合計60個の手記が隠されている。

きっと多くのハンターが何気なく回収した経験もあるであろう、意味ありげに突き刺さっている刀がそれだ。

その中でもハンターノートの手記帳に記されている大社跡、寒冷群島、砂漠、水没林、溶岩洞。

5つのフィールド枠に登録される計50個の手記が“木彫りの置物”を入手するための重要な存在なのだ。

▲1番下“百竜夜行”の手記も5つのフィールドに隠されているが揃えても報酬はない。そのかわり、全60個をコンプリートすると“年代物のしおり”という勲章が手に入るのだ。

攻略サイトや動画を探せばルートも丸わかり。

かんたんに揃えられちゃう代物だけど、そういうのは自分の足で探してこそ意義がある。

ここでは最低限の座標とヒントだけを提示、お宝を探す感覚で各フィールドをじっくり探索してもらいたい。

▲トレジャーハンティングが大好きな筆者にとって今作の“手記帳”はうれしいコンテンツの1つ。翔蟲の練習を兼ねて隅々まで探し回ろう。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!