イラスト依頼サービス「Skeb」手数料無料化。運営の利益は大丈夫!? 製作者の呟きまとめ

イラストコミッションサービス「Skeb」が、本日2021年6月1日(火)よりすべての手数料を完全無料化、さらに小説機能にも対応しました。今回の手数料無料化について、発案・製作・開発者であるなるがみ(@nalgami)氏のツイートをまとめてみました。

Skebの手数料がゼロに


本日2021年6月1日(火)より、イラストコミッションサービス「Skeb」の手数料が完全無料化。大きな話題を呼んでいます。

また、テキスト(小説)にも対応する形でサービスの拡張も図られました。

「Skeb」とは、ユーザーが特定のクリエイター(プロ・アマチュア問わず)に金銭を支払い、イラストなどの制作をお願いするシステム。

公式で「端的に言えば投げ銭付きお題募集サイトです。「リクエストを送る」「納品する」の1往復で途中のやり取りが一切ありません。」と示されている通り、クリエイターに寄り添った形のイラストコミッションサービスとなっています。

「リテイクなどを受け付けない」といったことがサービス側で定義されているため、無理なくお題に対応できるということで、大きく需要が広がり事業が拡大。

今回のニュースもあってか、登録クリエイターはすでに6万人を突破しています。

そんな中、今回の手数料無料化の意図や、今後の予定などについて、発案者であるなるがみ(@nalgami)氏のツイートをまとめてみました。

今回の手数料無料化は、どうやら法人税の節税が目的であるとのこと。運営の利益が心配……という方もこれで安心ですね。

また、今後いつまでこれが続くのか、ということについても言及されています。

手数料無料化は、グループ会社の連結子会社になるまでの間とのこと。ただ、いつ終わるかは未定なので、今のうちに気になるクリエイターさんにリクエストを送っておくのが良いかも?

なお、現時点でなるがみ氏は「Skeb」の株式を全譲渡しており、経緯もツイートにて説明されています。「グループ会社の連結子会社になるまで」というのは、この辺りの動きを指していそうです。

ちなみに今回話題になったことを受けて、なるがみ氏は「Skeb」を始めた真意や、今後の予定についてもツイートしています。

基本方針は変わらず「クリエイターファースト」であることは、今後も変わらず続いていくようで安心ですね!

また、「Skeb」を利用する方への注意点についても、改めて告知されています。

詳しい内容などについては、Skebの公式Twitter(@skeb_jp)、あるいは公式サイトを見てみましょう。

今後もますます拡大していくと思われる「Skeb」。クリエイターの立場を尊重してくれるサービスとして、これからも第一線を走り続けてほしいですね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!