Apple『WWDC21』で発表されたiOS 15、macOS Motereyなど4つの新OSまとめ!リリース時期も発表

テック&ガジェットのニュースを毎日配信中!
» » » 最新記事はこちら
👀



Appleが本日開催されたWWDC21にて、iOS 15をはじめとした4つの新OSを発表しました。


technology *Source: Apple

iOS 15、iPadOS 15、watchOS 8、macOSの新機能まとめ!

iOS 15


iOS 15では主にコミュニケーション機能が強化。特にFaceTimeは大幅にアップデートされました。新機能として、通話中に音楽やストリーミングなどのコンテンツを共有できる「Share Play」が追加。


さらに、Windows、AndroidからもFaceTimeがWeb上で利用可能に。


iMessageは、写真の共有やニュースの共有などがより便利になりました。


通知機能もアップデートされ、自分の状況に合わせ、通知を最適化することが可能になりました。


通知のデザインも変更され、視認性が向上しました。重要ではない通知はまとめて表示することも可能です。


その他のおもなアップデートは以下の通り。

  • 「写真」アプリのアップデート
  • 「Apple Wallet」がスマートキーに対応
  • 「天気」のデータベース、デザインなどがアップデート
  • 「マップ」のインターフェースがリニューアル
  • AirPodsが音声フォーカス機能、通知読み上げ、「探す」で正確な位置を把握可能に
  • セキュリティ機能の強化
  • オフラインのSiriの実装


iPadOS 15


iPadOS 15はホーム画面にウィジェットを追加することが可能に。iOSにはすでに搭載されていますが、これはiPadに最適化されているとのこと。


マルチタスク機能も改善され、分割表示がより容易になりました。タスク切換え時も2つのアプリをセットで切り替えることが可能です。


その他、手軽にメモを取れる新機能「クイックノート」やアプリ開発が可能なiPad用「Swift Playgrounds」、自動翻訳可能な翻訳アプリなどが追加されています。


watchOS 8


watchOS 8では「呼吸」機能がアップデートされ、新しくマインドフルネス機能が追加。


ウォッチフェイスには自分で画像を選ぶことが可能に。さらに、音声とテキストでの返信機能が新たになっています。


フィットネスモードは新たに、太極拳や、アーティストシリーズを含むApple Fitness+に対応しました。機能がまとめられた画像はこちら。


macOS Monterey


macOSの新たな名称は「Monterey」になりました。新機能として「ユニバーサルコントロール」が追加。これにより、iPadやMac間をシームレスにマウスカーソルを移動させ、操作することが可能です。


macOS Montereyは「AirPlay to Mac」に対応し、これによってMacのディスプレイでiPhoneやiPadの画面を再生することができます。


macOS Montereyの機能がまとめられた画像は以下。


WWDC21では、新OSアップデートの他にも、iCloud+やヘルス機能、Safariの大幅なリニューアル、Apple TVの「Share Play」への対応、開発者向けの新機能などがアピールされました。


今回発表された内容は開発者向けベータ版が本日、パブリック ベータ版は7月、一般向けには秋頃にリリースされます。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


あわせて読みたい 👀

おすすめ動画 👀

  • Apple WWDC21をリアルタイムでみよう!

*本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!