Apple、iPhoneの『iOS 15』アップデートは“強制”せず。旧バージョン維持も選択可能に

テック&ガジェットのニュースを毎日配信中!
» » » 最新記事はこちら
👀



AppleはWWDC21で発表した『iOS 15』について、アップデートは必須ではないと説明しています。


technology *Source: 9to5Mac

Apple、iOS 15へのアップデートは強制せず。ユーザーが選択可能に


Appleは「iOS 15 Preview」に「iOS 14を使い続けるかどうか選択できる」と明記しています。


iOSは、「設定」アプリで2種類のソフトウェア・アップデート・バージョンを選択できるようになりました。最新バージョンのiOS 15はリリースされ次第アップデートし、最新の機能と最も充実したセキュリティアップデートを利用することが可能です。また、次のメジャーアップデートまでの間、セキュリティアップデートのみを受けてiOS 14を使い続けることもできます。

出典:Apple

以前はセキュリティ面の問題から、iOSを最新状態に保つことは“必須”でしたが、今後ユーザーは新しいiOS 15を受け入れるかどうかを選択できます。これにより、リリース後に見つかった予期しないiOSのバグや旧アプリとの互換性の問題を回避することが可能です。


また、一般的に新OSは旧OSよりも重くなりがちなため、「iPhoneが古くて動作が不安」「新しい機能が不要」という場合は引き続きiOS 14を利用するのも1つの手。ただし、少なくともセキュリティアップデートは最新状態に保つことをオススメします。

iOS 15の主な新機能は以下の通り。


  • 通知機能の一新
  • 「FaceTime」に新機能「SharePlay」が追加
  • 「写真」のアップデート
  • 「Apple Wallet」がスマートキーに対応
  • 「天気」のデータベース、デザインなどがアップデート
  • 「マップ」のインターフェースがリニューアル
  • セキュリティ機能の強化
  • オフラインのSiriの実装
  • iPhoneの電源がオフでも「探す」で検索可能に

iOS 15はiPhone 6s及び初代iPhone SE以降の全てのiPhone向けに、今年の秋頃から配信が開始される予定です。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


あわせて読みたい 👀


*本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!