【テイクアウト】吉野家「ネバとろ牛丼」は、これでもかと言わんばかりのネバネバづくし! オクラ×とろろ×納豆で食欲不振も吹き飛ばすオススメの一杯♪

「なんだか最近食欲がわかないなぁ…」

春のさわやかさと共に食欲まで連れ去られてしまったこの頃。「何も食べたいものがない!」とお悩みのアナタには、2021年6月14日から販売が開始した吉野家の「ネバとろ牛丼」がオススメです♪

これでもかと言わんばかりにネバネバする食材が詰め込まれた牛丼を、実際に食べてみました!

まかないから生まれた人気メニュー♪


オクラにとろろ、そして牛丼が盛り付けられたご飯に、納豆のパックと温玉が添えられた「ネバとろ牛丼」。トッピングは一切追加していないのに贅沢さを感じるボリュームです。

あまりにもネバネバしたものばかり集められたこの牛丼、実は吉野家従業員を対象に行われた「まかない調査」をヒントに商品化された裏メニューでした。商品化の期待に応えて2020年9月に初登場し、2021年6月には復活してしまうほどの大人気メニューになったのです♪

オクラ×とろろ×納豆の圧倒的ネバネバたち♪

さっそくネバネバたちをいただきます!

あ…食べやすい!!

まずオクラ。小口切りにされたオクラは丼に彩りを添えるだけでなく、シャキシャキとした食感がアクセントとなっていました。次に王道の納豆。よく混ぜた小粒の納豆はのどごしが良く、タレの旨みは食欲をそそります!

そして最後にとろろ。オクラと納豆の糸を引くようなネバネバ感を包み込んでちゅるっと喉を通り抜けるとろろは口に優しく、行方不明になっていた筆者の食欲を呼び戻してくれました♪


「ネバとろ牛丼」の旨みは納豆のタレだけではありません。別添えで「とろろだし」という特製ダレがついてきます。こちら1つあたり4gと少量ですが、あなどることなかれ。旨みがこれでもかと凝縮されていました!

丼の全体に満遍なくとろろだしをかけて、豪快にかき混ぜる。それが「ネバとろ牛丼」のベストな食べ方です♪


半熟卵で濃厚な口当たり♪

さて、最後にとっておいた半熟卵を乗せていただきます!


おお! 丼に濃厚な味わいが…!

半熟卵から流れ出てきた黄身は濃厚で食べ応えがあり、いつの間にか食べ終えてしまいそうだった丼に満足感を残してくれました。

吉野家では6月1日~9月30日の期間にテイクアウトでの生卵の提供ができないため、+11円を追加で支払うことで半熟卵へと変更してくれます。料金は上乗せされてしまいますが、満足感は段違いです。ぜひとも半熟卵に変更してみてください!

トッピングのオススメは牛小鉢!

具だくさんで満足感のある「ネバとろ牛丼」。胃もたれせず食べやすい一方で、牛肉がやや少なめに感じました。もしトッピングをするならば「肉だく(牛小鉢)」がオススメです。ただし後半は納豆ご飯としても十分においしくいただけるので、お腹と相談してトッピングを選んでみてください!


気温が高くなるにつれて薄れてゆく食欲。だけどご飯はしっかり食べて夏の暑さに負けたくない! そんなアナタにぴったりなメニューでした。今夜の夕飯に迷ったら、ぜひ吉野家に足を運んでみてくださいね!

お店:吉野家
商品名:ネバとろ牛丼
価格::657円(税込)
公式サイト:吉野家│ネバとろ牛丼

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!