【FX】話題の高金利通貨『トルコリラ』のスワップ狙いに強い『トライオートFX』に注目!

マネー&投資ニュース、好評連載中!
» » » 注目記事のリストはこちら
👀



『トライオートFX』は、FX(外国為替証拠金取引)の自動売買プラットフォームです。サービスを提供するのはJASDAQ上場企業グループのインヴァスト証券で、初心者にも優しい「自動売買ビルダー」機能を備えるなど、魅力的なサービスとなっているようなので、その詳細をチェックしてみることにしましょう。

» インヴァスト証券『トライオートFX』


『トライオートFX』5つの強み

【1】自動売買に強い

自動取引のプラットフォームである『トライオートFX』なら、取引条件を設定しておけば後はプログラムが自動で売買を行なってくれます。つまり、あなたが働いている時も、寝ている時も、『トライオートFX』が代わりに働いてくれるというわけ。


外為市場は、平日は24時間取引が行えるマーケットですが、張り付きでトレードをしていては身が持ちません……(笑)。けれども、自動売買なら市場とプログラムが動いている限りは何時でもトーレドができるので、チャンスを逃すことはありません。

そして、(さらに重要かもしれない)自動売買の魅力はトレーダーの感情に左右されない、ということ。利確や損切り(ポジションを解消して利益を得たり、それ以上損が出ないようにしたりすること)の難しさは、トレーダーなら全員身に染みてわかっていることだと思いますが、自動取引なら人間のような感情によるブレはありません。


自動売買と聞くと「設定がムズカシそうだな」とか「プログラミングが必要なの?」と思われるかもしれませんが、それは一切不要。ビギナーの方は既に設定されている、いわゆる“プリセット”のトレーディング・パターンを選べばOKです。

過去(2018年1月~2020年6月)の実績では260%もの収益をあげているプログラムもあります。この期間にもしこのトレーディング・パターンを選択していれば「100万円が260万円に増えていた」ということです。


なお、「独自の売買パターンをつくりたい」という上級者向けには、チャートを見ながら設定を決め、シミュレーションができる専用ビルダーも用意されているので、プリセットの取引アルゴリズムでは満足できないという上級者の要望にも応えてくれます。


【2】6つの手数料が無料

投資で勝つにはしっかりと利益を掴みとることはもちろん、コストを下げることも忘れてはいけません。そこで見逃せないのが『トライオートFX』の“6つの手数料無料”。


  • 手動注文時の売買手数料がタダ!
  • 両替手数料がタダ!
  • 口座開設手数料がタダ!
  • 即時入金手数料がタダ!
  • 出金手数料がタダ!
  • 口座管理手数料がタダ!

【3】安定のリスク管理、安心の上場企業グループによる運営

ユーザー(投資家)が『トライオートFX』に預けた資産はインヴァスト証券の資産とは完全に切り離されて三井住友銀行により管理されています。そのため、もしも万が一証券会社が破綻するような事態が起こってしまってもユーザーの資産が失われることはありません。


そして、インヴァスト証券は東証JASDAQに上場するインヴァスト株式会社のグループ企業です。上場企業グループであるということは厳格な上場審査をパスしているということ。さらに、期ごとに監査法人による監査を受け、業績を開示しながら運営を行なっているわけですから、大切な資金を預ける先として安心感が強いことはまちがいありません。


【4】トルコリラのスワップ金利が高い

ヨーロッパとアジアを繋ぐ要所として栄えてきたトルコ共和国はFXトレーダーにとっても注目の国です。


同国の通貨「リラ」は長らくインフレに苦しめられてはいるものの、同時に政策金利が高いため、買いポジションを持っていると“スワップ”と呼ばれる金利収益が発生します。


つまり、トルコリラを買っておくだけでスワップ金利が定期的に“チャリン、チャリン”と入ってくるというわけです(※最新のスワップ金値はこちらでご覧いただけます)。

ユーザー(FX投資家)としておさえておきたいのは「スワップ金利はFX業者によって異なる」という点。同じ通貨単位を購入していても、得られる利益が変わってしまうわけですからスワップ金利の高い業者を選ぶべきであることは言うまでもありません。

その点『トライオートFX』は「業界最高水準」を謳(うた)い、実際にその通りのスワップ金利を提供しています。


しかし、ここで忘れてはいけないのは高金利通貨を買っても、値下がりで損をする可能性があるということ。当たり前ですが、スワップ金利が稼げたとしても、通貨そのものの値下がりでスワップ金利以上の損が発生してしまっては意味がありません。

そこで注目したいのが【1】の項目でもご紹介した『トライオートFX』の自動売買機能。この機能を使用すれば損切りや買い増しを自動で設定できるので、突発的な下落局面で発生する損を限定したり、買いのチャンスを逃したりすることがありません。これを24時間手動(マニュアル)でやり続けることは不可能ですが、自動(オート)ならユーザーは手間要らずです。

ちなみに、「仕組みはわかったけど、難しい設定を自分でする自信がない」という方は“認定ビルダー”と呼ばれる実績のあるトレーダーがつくった設定を使用することも可能です。

» 例:インヴァスト証券公式Blog記事
 認定ビルダー「私は眠る、24時間働く_トルコリラ/円」について

【5】トルコリラのスプレッドが狭い

『トライオートFX』はトルコリラの売買スプレッドが1.5銭(原則固定、一部例外あり)と狭いのも強みです(スプレッドとは買値/売値の差額のことで、この値が小さいほうが取引コストが小さいということ)。高金利通貨はスプレッドが広く、ドル/円などと比べてポジションを取る時にコストがかさみがちですが『トライオートFX』ならそのコストを安く抑えられます。


口座開設は簡単、最短即日

『トライオートFX』で自動売買をはじめてみようと思った方は、インターネットを使えばすぐに口座開設が可能です。


お申し込みは、下記のリンク先(公式サイト)からどうぞ。

▼ インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細&申し込みはこちら
インヴァスト証券「トライオートFX」

(↑)上の画像をタップorクリックすると公式サイトに移動します。


あわせて読みたい 👀



*記事カテゴリー:money マネー。本サイトに記載されたURLからの売り上げ等は一部が製作者に還元される場合があります。この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、金融商品の勧誘や投資の助言ではありません。取引条件の詳細等はご利用者様自身の責任において各事業者にご確認ください。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!